紙幣から学ぼう!フィリピン文化と歴史 100ペソ編

紙幣から学ぼう!フィリピン文化と歴史 100ペソ編

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

人々が日々生活する中でお金は必要です。紙幣には、さまざまな情報が印刷されており、その国の歴史や文化を表しています。また、複製されないために各国高いセキュリティ技術を施しています。

さらにお金が汚れやすい環境にある国では、水に強い素材が使われるなど、その国々の環境にあったさまざまな工夫も施されています。

今回は、フィリピンの100ペソについて説明したいと思います。フィリピンの100ペソは、日常生活において頻繁に使われる紙幣です。そのため、常に財布には100ペソ紙幣が不足している状態にあります

100ペソは日本人感覚でいうところの1,000円に近い存在です。日本では1万円をどこのお店でも簡単に使用でき、小さなお金に崩すことができます。しかし、フィリピンでは1000ペソをどこのお店でも崩せるというわけではありません

特に外国人があまり立ち寄らない店では、なおさらです。これは、日本の駄菓子屋に1万円を出すような感覚だと思っていただければ分かりやすいと思います。

そのため、日頃から100ペソ紙幣を増やす意識が大切で、機会があれば大きなお店で1000ペソを崩すという意識を持った方がよいでしょう。実際各お店のレジで1000ペソを使う際に、もっと小さなお金を持っていないか尋ねられることがよくあります

100ペソのテーマについては、以下の通りです。
100ペソの表面
100ペソの裏面

Advertisement

1. 100ペソの表面

Surface Of 100 Peso

まず紙幣に関する共通部分についてですが、すでに20ペソの記事で説明していますので、そちらをご覧ください。

100ペソの表に描かれている肖像画ですが、マニュエル・ロハス(Manuel A. Roxas)でフィリピン・コモンウェルス時代の三番目にして最後の大統領です。つまり、20ペソ、50ペソ、100ペソの順にフィリピン・コモンウェルス時代の大統領が並んでいるわけです。

ロハスは、1892年1月1日にカピス州カピス市(現カピス州ロハス市)で生まれました。

1913年にフィリピン大学(University of the Philippines)で法学士を取得した後、1916年にフィリピンロースクール(Philippine Law School)の教授になりました。他の大統領2名とは年が離れていることもあり、米西戦争の影響も受けることなく極普通の人生を歩んでいきます。

1917年にはカピス市議会の議員として政治家の道を歩み始め、1919年から1921年にかけてはカピス州知事を務めます。また、翌年1922年にはカピス州第1区から下院議員に選出され、下院議長になっています。

さらにこの年から国策会議にも参加していましたが、米国から派遣されたフィリピン総督のレオナルド・ウッド(Leonard Wood)が議会を通過した法案を拒否したことで、その抗議の意味を込めて、当時上院議長だったマニュエル・ケソン(Manuell Quezon)と共に国策会議を辞任しています

1932年には、ナショナリスタ党の党首セルヒオ・オスメニャ(Fuente Osmena)と共に独立使節団としてワシントンD.C.に赴き、ヘア・ホーズ・カッティング法の成立にかかわっています

この時点で、フィリピン・コモンウェルス時代の大統領両名と深く関わりを持っているわけです。

この法律はフィリピンが米国から独立する日付を定めたもので、フィリピンの砂糖との競争に晒されていた米国農家からの圧力もあって成立しましたが、フィリピンの将来の独立を危うくしたというケソンの批判を受け、ナショナリスタ党が分裂することとなります。

1934年にタイディングス・マクダフィー法(フィリピン独立法)が制定されるとロハスは憲法制定会議に参加し、1938年から1940年には財務相を務めました。

しかし、彼は戦争によって人生を大きく変化させられることになります。そのきっかけが、第二次世界大戦中(1942年)の日本軍捕虜です。

ここで幸いしたことが、彼を助ける外国人がいたことです。

まず、ミンダナオ島第10独立守備隊司令官の高級副官を務めていた神保信彦中佐です。彼は、ロハスが処刑されそうになった際に助命嘆願をしたことで彼の命を助けました。

次に、ダグラス・マッカーサー将軍(Douglas MacArthur)です。ロハスが親日のホセ・ラウレル政権の下で日本軍に米を供給していたことがあり、戦後には日本軍の協力者ということで裁判にかけられることになりました。その際に、マッカーサーがロハスを擁護することで、彼は難を逃れたのです。

もちろんロハス自身もまた、外国人を助けるために行動を取っています。それは、神保が済南で戦犯として捕らえられた際に、彼が蒋介石に対して神保の助命を求めたことで、彼が無事に帰国することができたことです。

1946年4月23日の選挙では、ナショナリスタ党の候補者として出馬し、ついに同年5月28日に大統領に就任します。同年7月4日には、フィリピン独立宣言が発表され、ロハスはフィリピン第三共和国の初代大統領となります

しかし独立後にロハスは米国から復興資金を受け取る代わりとして、いくつかの要求を呑まされることとなります。まず、米軍基地が設置です。そして、フィリピン市民には交易制限がかけられた一方で、米国人の土地所有者と投資家には特権が与えられたのです。

そして、1948年4月15日にロハスはパンパンガ州クラーク空軍基地で在任中に死去します。

次に紙幣の左下と右下にそれぞれ印字されている

CENTRAL BANK OF THE PHILIPPINES 1949
1949年にフィリピン中央銀行を設立

INAUGURATION OF THE THIRD REPUBLIC 4 JULY 1946
1946年7月4日にフィリピン第三共和国の発表(フィリピン独立宣言)

と、それに付随するイラストについてです。

1949年にフィリピン中央銀行を設立
ロハスが死去した翌年の1949年1月3日にフィリピン中央銀行(Central Bank of the Philippines)が設立されました。

現在は、1993年7月3日にこの銀行の業務を引き継ぐ形で、フィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)というフィリピンの国立銀行となっています。

Bangko Sentral Ng Pilipinas

日本語訳では同じ名前ですが、英語からフィリピン語になっています。また、紙幣にも銀行の名前が印刷されています。

1946年7月4日にフィリピン第三共和国の発表(フィリピン独立宣言)
こちらはすでに説明したとおり、フィリピン独立宣言によってロハスがフィリピン・コモンウェルス時代に終止符を打ち、三番目として最後の大統領を務めたフィリピンにとって大きな歴史的出来事のことです。

Advertisement

2. 100ペソの裏面

Back Of 100 Peso

紙幣の裏面にもフィリピン語で紙幣金額が分かるように、

SANDAANG PISO
100ペソ

と印字されています。

そして、地図と一緒に山と魚が印刷され、地図のそばには

Mayon Volcano
マヨン火山

と印字がされています。

マヨン火山は、ルソン島南部のビコル地方アルバイ州にある火山で、一帯はマヨン山国立公園に指定されています。地図の丸印がマヨン火山の位置になります。

マヨン火山は、富士山と同じ成層火山ですが、その形状が完璧な火山円錐型であることから、パーフェクトコーン(perfect cone / perfect volcanic cone)と呼ばれることが多いです。

また、富士山のように安全な休火山ではなく、マヨン火山の噴火の噴火はたびたび起こり、その時々の噴火の規模により、火砕流の危険度が大きく異なります。観光客は、火山流が発生しそうなルート情報をあらかじめ取得した上で、安全な場所から噴火を見学する必要があります。

Mayon Volcano

マヨン火山の南に位置するカグサワ遺跡にあるカグサワ教会の塔(Cagsawa Church Ruins)では、マヨン火山を背景に写真撮影ができる絶景スポットがあります。

次にイラストの魚ですが、

Whale Shark
Rhincodon typus
ジンベエザメ

と印字されています。

ジンベエザメは、成長すると10から12mになる魚類の中で最大種に属します。世界の熱帯から亜熱帯の表層に生息しているため、フィリピンでも見ることができます。

Whale Shark

特にフィリピンのセブ島では、ジンベエザメと泳ぐツアーが有名です。セブ市内から高速バスで南東130kmに位置する小さな港町「オスロブ」がそのスポットとなります。

シュノーケリングでジンベエザメと写真撮影することができるだけでなく、海に潜らずボートの上から「餌付け」を見学することもできます。フィリピン人は想像と違い、泳げない人が多いため、このような観光方法も発展しています。