絶対必要!毎日3時間の英語学習!

絶対必要!毎日3時間の英語学習!

ブログ「DIY English」の製作者「大葉かむ」です。

毎日何時間、英語を学習したら上達するのか?タイトルのとおり、毎日3時間の英語学習が必要です。その根拠を今回は説明したいと思います。そして、納得した上で毎日3時間の英語学習を継続すれば、みなさんの英語能力は劇的に向上することでしょう。

以下が今回のテーマになります。

そもそも英語を習得するためには何時間必要なのか?
学校ではどれくらいの時間、英語を勉強しているのか?
ブレイクスルーとは?
なぜ毎日3時間の英語学習が必要なのか?

Advertisement

1. そもそも英語を習得するためには何時間必要なのか?

What Long Need Learning English

この答えは存在しません。そもそも、英語の習得には個人差があります。

しかし、1つの指標として、アメリカ国務省の付属機FSI(The Foreign Service Institute:外務職員局)から言語の習得時間に関する調査データが公表されています。それが、「Language Learning Difficulty for English Speakers」です。

この調査データは、国務省の研修生を用いて各言語の習得に要した時間を計測し、その結果を基に英語のネイティブスピーカーにとって各言語の習得がどの程度難しいのかを三段階に仕分けしたものです。

 

Language Difficulties
*が付いた言語は、英語のネイティブスピーカーにとって、同カテゴリー内の他言語よりも習得が難しいことを意味します。

引用:Language Learning Difficulty for English Speakers, Wikibooks
https://en.wikibooks.org/wiki/Wikibooks:Language_Learning_Difficulty_for_English_Speakers

引用: Language Learning Difficulty for English Speakers, Languages of the World (Archive of the original data)
http://web.archive.org/web/20071014005901/http://www.nvtc.gov/lotw/months/november/learningExpectations.html

この表からネイティブが日本語を習得するためには、2,200時間を有することが分かります。同様に日本人が英語を習得するために2,200時間を有すると考えても、さして無理のある仮説ではないでしょう。

また、通訳者になるためや字幕なしで映画を観るためには、10,000時間以上必要という話もよく聞きます。

結局のところ、個人差も相まって、よく分からないのです。

しかし、分からないままでは今後の英語学習の予定を立てることができませんので、指標となる他のデータも見てみましょう。

Advertisement

2. 学校ではどれくらいの時間英語を勉強しているのか?

School Learning Time

今度は、学校でどれくらいの時間、英語を学習しているのか見てみましょう。これにより、少なくともどのくらいの学習時間が必要か定めることができるはずです。

データは、平成17年11月に調査実施した「英語教育改善実施状況調査」です。このデータによると、中学校入学から高校卒業までの各年の平均学習時間は下記となります。

 

Total Class Hours Of English Education
参考文献:「英語教育改善実施状況調査」について,文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1261355.htm

よって、中学校入学から高校卒業までの6年間で751.1時間以上は英語を学習していることになります。実際は、宿題やテスト勉強などがあるため、これ以上にはなると思います。

Advertisement

3. ブレイクスルーとは?

Whats Breakthrough

ブレイクスルーとは、目の前に立ちはだかる壁を破壊し、大きな進歩を実感することです。

英語学習において、壁が立ちはだかると停滞が生じます。実際は、少しずつ自力を蓄えているわけですが、本人は停滞と感じます。

このブレイクスルーは1,000時間に一度訪れるとされています。また、3年以内に1,000時間を達成しない場合は、英語の自動化(自然な速度への対応)が難しく、結果ブレイクスルーが発生しにくいとも言われています。

つまり、1日1時間以下の英語学習では目に見えない成長しか実感できないため、
半永久的に苦痛を伴う学習となります。

Advertisement

4. なぜ毎日3時間の英語学習が必要なのか?

Why Need 3 Hours

毎日3時間の英語学習が必要なわけですが、当ブログは英語克服を目標としている人を対象としています。つまり、みなさんは一般の人たちより平均以下の実力しかありません。

先で述べたとおり少なくとも、1日1時間以上の学習を継続しなければ、苦痛を伴う学習となってしまいます。そして、何よりも英語を克服する以上は定期的な見返り(結果)が欲しいものです。

では、もし毎日3時間の英語学習を続けることができれば、どのような変化が訪れるでしょうか?

 ・1年後に一般人の平均を上回り、英語が得意といえる
 ・毎年、ブレイクスルーを味わえる

また、ここでは説明していないですが、季節の変わり目ごとに300時間の学習を終えるため、各資格が次のランクへアップできる程度に実力が付き、資格を主軸に置いた学習を続けると継続が楽になります。

そして、2時間と3時間では、結果がでるタイミングが1.5倍ズレるため、季節ごとや1年ごとで学習の節目を迎えることができず、習慣化が難しいのです。

このことから毎日3時間の英語学習を行うことがもっとも少ない時間で効率的となるのです。もちろん、それ以上の時間を確保できる方は、さらに長時間学習しても問題ありません。ただし、毎日継続することは必要最低条件となります。

問題は、その継続方法についてですが、それはまた別の機会に説明します。