3000時間英語学習、ついに英語をマスターできるのか?

3000時間英語学習、ついに英語をマスターできるのか?

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

ネイティブが日本語を習得するためには、2,200時間が必要であるというデータがあります。では、3000時間の英語学習を終えると本当に英語が話せるようになるのでしょうか?

毎日3時間の英語学習を継続したとしても、3000時間に達するまでには1000日、3年近い月日が必要となります。これだけ長い時間をかけて英語を学習したのですから、かなりの成果が得られると期待するかもしれません。1000時間に1回訪れるブレイクスルーも3度経験しているはずで、これはあなた自身の英語能力の成長を大いに期待することができるはずです。

しかし、現実はそんなに甘いものではありません。実際に3000時間の英語学習を体験された方は、そんな夢を見ることは、まずないと思います。なぜなら、これまでに1000時間、2000時間とコツコツ英語学習の時間を積み上げてきたことで、どれくらいの時間をかければ、どの程度の成果を得られるか想像できるようになっているからです。

そもそも、英語能力の変化は1000時間という区切りで訪れるものではありません。ただ、分かりやすい数字として1000時間という目安を英語学習者が自ら設けているに過ぎません。しかし、1000時間という学習時間は英語能力が成長したことを実感できるには十分な間隔ともいえます。

今回は、3000時間という英語学習を通して、どのような心境の変化や英語能力の変化が起こるのかについて、2つのテーマで説明します。
英語学習の分岐点
ライバルはあなた自身

Advertisement

1. 英語学習の分岐点

The Turning Point Of Learning English

そもそも、3000時間の前の1000時間と2000時間でどの程度の英語能力を手に入れることができるのでしょうか?以前の記事にも書きましたが、まったくの素人の英語学習初心つまり0の状態から英語学習を始めたとして、1000時間で一般的な中学を卒業した学生程度、2000時間で高校2年生のセンター試験英語対策を行なう前の段階の英語能力を手に入れることができます。つまり、2000時間を終えると英語の基礎について十分に理解している程度になると考えればよいでしょう。

では、ここから1000時間の英語学習を積み上げるとどうなるのでしょうか?単純に考えれば、高校2年生が1000時間の英語学習をすると考えるわけですから、大学入試に対応できるレベルということになります。

これは、正しくもあり間違ってもいます。もし私たちがが高校2年生であれば、たしかにそのレベルに達していると思いますが、私たちは別に大学受験するわけではありません。むしろ、実践的な使える英語を学びたい人が大半を占めるのではないでしょうか?そうなると、大学受験に特化した英語学習をすることはありえません

2000時間を越えた段階で英語の大枠を把握し、基礎部分を理解しているわけですから、ここからは個性(個人差)が現れます。実践的な英語を使えるようになりたい人は、この3000時間の英語学習を終えた後、さらに1000時間や2000時間を積み上げたところで、英語をマスターできないことは理解していると思います。それどころか、TOEIC Listengi & Readingの990点を叩き出すことすら難しいと理解しているでしょう。

仮にTOEICのハイスコアを狙うとしても、この時点で大学受験レベルで450点前後、さらに1000時間を加えたところで600点、よくても700点と考えるはずです。また、英会話に力を入れるにしても1000時間や2000時間でどうにかなるものではありません。

さらに、3000時間以降は大学受験レベルを越えるため、一般の人にとっては未知の領域といえるでしょう。すでに英語学習が習慣化しているため、英語学習の継続自体には不安はないと思います。しかしこれ以降は、これまでのように1000時間という単位ではなく、もっと長いスパンで1つ1つの目標を達成しなければいけない段階に立ちます。

そうなると1000時間というものが急に短い時間に感じ始めます。英語教材1つとっても100時間や200時間を費やすようになります。つまり、英語教材を5冊~10冊こなすだけで1年が過ぎてしまうのです。そこで、自分が目指す道に対して、何が必要で何が必要でないかの取捨選択が必要となってきます。

3000時間という英語学習を通して得られるものは、英語に対する絶対的な自信とともに、さらなる英語学習の必要性を感じるということです。また、この時点で英語能力は日本人の平均レベルを間違いなく越えています。しかしその反面、世界規模で見れば英語学習初心者の域を超えていないのも、また事実なのです。

Advertisement

2. ライバルはあなた自身

Rivals Are Yourself

3000時間の英語学習を経て、得られるものが選択権です。十分な基礎を終えたことで、初めてスタートラインに立ち、本来のあなたの目指していた目標に向かって付き進むことができるようになります。

しかし、先にも書きましたが次のステップアップへの道は、1000時間という短い時間で達成できるようなものではありません。もちろん、1000時間の刻みごとにその成長を実感することはできると思います。

そして、ここからは優先順位が人によって違ってきます。しかし、たどり着く場所はほぼほぼ同じはずです。なぜなら、英語4技能の内、1つだけを極めるということはできないからです。

3000時間以降は、英語4技能をそれぞれ切り崩していくような作業に入ることは容易に想像できると思います。ただ、そこに個人差が生じ、どれから切り崩すかということになっていきます。そのため、これ以降は他人と比べること自体が無意味となります。ここからは、あなた自身のしっかりした指標を元に過去のあなたと比較する日々が始まります

そのため、私自信も今後は4000時間、5000時間と経過することで、どのように成長していくかを一般論として記事にすることはできません。今後、私が書けることといえば、私の経験談ということになるでしょう。

今後みなさんは1000時間という英語学習時間を刻みながら、10000時間を目指すことになります。この10000時間は、ノンネイティブがネイティブに自信を持って英語ができると言えるようになるために必要な学習時間です。もちろん、10000時間で英語学習が終わるわけではありません。その後も生涯学習として、英語は学習し続けなければなりません。

私もその領域には達していませんが、みなさんと一緒に頑張っていきたいと思います。みなさんも是非、あなた自信が思い描く将来像に向かって頑張り続けてください。