HelloTalk、語学留学先でこそ能力を最大限に発揮する

HelloTalk、語学留学先でこそ能力を最大限に発揮する

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

英語を学ぶだけなら、語学留学の必要性はないという人がいます。私もその1人です。私のような社会人であれば、語学留学に行くことでまとまった英語学習時間を確保することができるため、英語を学ぶだけであっても意味を成すと思います。しかし、大学生であれば常日頃から十分な英語学習時間を確保することができるため、わざわざ高いお金を払ってまで海外に行く必要はないはずです。

それでも語学留学に行く理由には、やはり英語学習以外のものがあるからです。それが何か人によってさまざまです。もちろんそれらは、文化に触れることであったり、現地で友人を作ったりなど、その現地でしかできないことであることは間違いないはずです。

では、目的を達成するにあたって、語学学校の中だけでそれらを達成することができるのでしょうか?多くの場合がNoでしょう。語学学校内とは、日本国内の英会話教室と対して変わらない環境です。そんな中で海外の空気に触れることは、決してできません。

そのため、語学学校の外に出る必要があるのです。しかし、外に出て何をすれば良いのでしょうか?語学学校でできた知人、友人は現地の人ではありません。エージェントを使えば良いのでしょうか?それでは地力ではないため、何の成果も得られないでしょう。

そこで、意外と見落としがちなHelloTalkを活用します。HelloTalkとは、無料の語学学習アプリです。世界のネイティブとチャット通して学んだり、自分が投稿した記事(モーメント)を修正してもらうことで言語知識を高めます。

では、このツールを実際にどう活用すればよいのか、そのことについて2つのテーマで説明します。
HelloTalkとは?
海外での活用法は?

Advertisement

1. HelloTalkとは?

What Is Hello Talk

そもそもHelloTalkとは何かということになると思います。日本の人の視線に立って考えた場合、日本国内から世界各国の人とコミュニケーションがとれるツールということになります。そして、その目的が語学学習に重点を置いているものであるということです。つまり英語でいうとLanguage Exchange(言語交換)ということになります。Language Exchangeアプリは、HelloTalk以外にもたくさん存在します。その中から、あなたにあったものを選べばよいでしょう。今回は、HelloTalkに限定します。

HelloTalkを使用する上でのデメリットは、多くありませんが人が使うものである以上はどうしても出てきます。1つはVIP会員との差です。お金を払ってVIP会員になると、

①広告非表示
②翻訳、音訳、テキスト読み上げが無制限
③学習言語数の増加(3個)
④ビデオ通話
⑤スーパー検索
⑥スタンプ、グリーティング・カードの種類増加
⑦チャット履歴の検索
⑧指定言語への翻訳
⑨露出度アップ

の9個の利点を得ることができます。逆にいうと無料で使用している人には、この差分がデメリットになります。

この中で、もっとも影響を受けるものがにあたります。例えばみなさんが英語学習しかしないのであれば、は特にデメリットにはなりません。しかし、私のようにフィリピンに実際に来て、英語に加え、タガログ語も学習するようになるとVIP会員でない限り2つの言語を指定することができません

そして、何よりもの影響が大きいです。露出度アップとはモーメントを投稿した際にどれだけ多くの人の目に触れるかというものです。ツイッターのようにただの投稿であれば良いのですが、言語学習として使用する以上は、モーメントに対する添削や語学言語に対する文法などについての質問の回答を期待するはずです。そこでVIP会員に入っていれば、より多くの人の目に入るわけですから、多くの情報を瞬時に得ることができるわけです。

この2つに魅力を感じないのであれば、無料会員で十分にこのアプリを活用できると思います。

2つ目のデメリットですが、相手も語学学習をしているということです。そのため、相手も日本語に対して、十分な知識を持っているわけではありません。つまり、日本語で英語に対して質問をしても、正しい答えが返ってくるとは限らないのです。しかし、この点については懸念する必要はありません。利用者数が多いHelloTalkでは、日本語を流暢に話せる外国人であったり、帰国子女もいます。また、英語に優れた日本人も回答してくれるでしょう。ただ、原則として英語に対する質問は英語でする方がよいでしょう。英語に不安がある際は、一緒に日本語での質問も記載すれば、より正確な解答を得られると思います。

相手も言語学習者であることに対して、もう1点気をつけなければいけない点がチャットです。あなたが英語を学習したいように、相手も日本語を学習したいわけですから、必ずチャットをする場合は、互いに意味があるものでなければいけません。例えば、30分間チャットをする場合は最初の15分を英語、残りの15分を日本語と互いを尊重する気持ちを持ってください。ここからも分かるように、チャットによる言語学習は通常の英会話と比べて2倍の時間を有します。ただ、無料でネイティブとしゃべれること、日本語であってもネイティブとの会話に魅力を感じる人にとっては、デメリットというよりもむしろこれはメリットとなるでしょう。

最後にもう1つデメリットがあります。これが大きな問題となります。それは、どこの世界でもルールを守らない人がいるということです。つまり、HelloTalkを出会いの場(出会い系ツール)と勘違いしている人たちがいるということです。こういう人は、とにかく無視してください。これは、HelloTalkに限ったことではなく、コミュニケーションツール全てで起こり得ることです。

結局のところ、HelloTalkなどのLanguage Exchangeツールを使う際に考えなければいけないことは、そのツールが提供する有料サービスが本当にあなたにとって必要かどうかということです。その点だけを注意して利用すれば、言語学習に対する強力なサポートツールとなるでしょう。

Advertisement

2. 海外での活用法は?

How To Use Overseas

語学留学先での活用法はシンプルに使えばよいだけです。それによって、現地人の知り合いを得て、活動範囲を広げるということです。ただし、使用する上でコツと注意点があります。

そもそもHelloTalkは海外の人と繋がるためのツールです。では、語学留学先にいけばどうなるのか?その語学留学先も私たちにとっては、もちろん海外です。

よく考えてみてください。もし、日本にいるときに身近に英語をただで教えてくれるネイティブの友人がいたら、うれしくないですか?これと同じ状況になります。つまり、留学先の外国人にしてみれば、近くで英語が話せる日本人が日本語をただで教えてくれるという状況なのです。これほど、うれしいことはないでしょう。

そこで、コツとして個人情報を一気に放出するという手があります。語学留学は1年もすれば帰国して、その場を離れます。その1年間の住まいの地域をさらけ出したところで、デメリットは何もありません。もちろん、細かい住所を記載してはいけません。なぜ、住まいを出すかというと近くに住んでいるかどうか、直接会って教えてもらえるかを相手が判断するからです。

ただし、注意点もあります。それは、先ほども説明した出会い目的と詐欺です。詐欺については、そもそも金銭のやり取りがないので、注意しさえすればそうそう何かに巻き込まれることはありません。対策としては、出会い目的ともかぶるのですが、語学学校の友人を連れて複数で会うということです。また、出会い目的の防止として、結婚しているや彼氏彼女がいるという情報を入れるという手もあります。もちろん、嘘でもかまいません。特に女性は、1人で会うことは危険ですから、友人と一緒に会うようにしましょう。また、語学学校には現地の人と会うことを伝えておいたほうがよいでしょうし、そのHelloTalkで会う人にも、語学学校にあなたと会うことを伝えていると一言けん制しておくほうがよいでしょう。

まず間違いなく、トラブルに見舞われることはありませんので、臆することなくHelloTalkなどのツールを活用して、現地での活動範囲を広げましょう。この手の問題は、別に海外に限ったことではなく、日本でもよくあることです。日本での経験を生かして、うまく現地で友人を作ってみてください。