快適英語学習、メッセージのやり取りで英語能力向上

快適英語学習、メッセージのやり取りで英語能力向上

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

語学留学生活を送ると外国人の友人も増えいきます。それに比例して、メッセージでのやり取りも頻繁に行なうはずです。しかし、中には必要最低限のメッセージに留める人もいます。

英語の能力というものは、日本語の能力に依存します。そして、英会能力も日本語のコミュニケーション能力に依存します。普段、日本にいて実践してないことは、やはり海外でも実践しないということです。

日本で無口な人が海外に行ったとたんにおしゃべりになるということは、まずありえません。もちろん、英語能力が低いことで海外に行くと無口になってしまうという逆のパターンは考えられます。

コミュニケーションの内容自体も、日本でくだらない話しかしなかった人は、やはり海外でもくだらない話しかできないということです。英語は、あくまでコミュニケーションのツールでしかなく、日本語が英語に変わったにすぎないということです。

キツイ言い方をすれば、低次元のコミュニケーションしかできない人は、高いレベルの文法も単語も覚えることはできないということであり、またその必要性すら感じていないということになります。英語を学ぶ前に国語や日本の文化を学べとよく言われるのは、こういった部分も関係していることでしょう。

自分のおとなしい性格を変えたいという目的で、海外留学した人を私は何人も知っています。その人たちは、外国人はポジティブで積極的なため、それに感化されて自分も変わることができるという甘い期待を胸に海外へ行くわけです。しかし実際は、日本語にすら自信がない人が英語を話せるわけもなく、人の話を一方的に聞く立場となり、そんなつまらない人には友人もできるわけもなく、結局挫折して帰国するのです。もちろん、当初の目的であった性格の変化は起こることもなく、むしろ悪化してより内気な性格となり、語学留学前よりも無口になってしまうわけです。つまり、語学留学に変な期待は持たない方がよいということです。

話しを戻しますが、日本で十分なコミュニケーションを取れている人がメッセージを通して、外国人と頻繁に英語でやり取りすることは英語能力を向上する上で有効手段といえます。

ただ、外国人のメッセージの速度は速く、最初は戸惑うかもしれません。それでも勇気を持って踏み出すことが、英語能力の向上に大きく還元することを2つのテーマで説明したいと思います。
何も恐れることはない
その先の活用方法を見出す

Advertisement

1. 何も恐れることはない

Do Not Be Afraid Of Anything

メッセージを送るということは、文章を書くということです。会話なら間違ってもその場で修正が容易です。そのため、恐れずに話すことはそんなに難しいことではありません。しかし、文章となると途端に敷居が高いと感じる人が多いのが現状です。

特に日本人は間違えることを恐れます。でも、よく考えてみて下さい。日本でメッセージのやり取りをしているときに、間違えることなどよくあることではないでしょうか?仕事のメールでもない限り、時間をかけて見直すことはないはずです。むしろ、メッセージであればテンポが重要となるため、いつも以上に間違いが増えるはずです。しかし、例えば文章を間違ったとしても、相手はあなたの性格をよく知っているので、それが間違っているかどうかは簡単に分かるはずです。

その日本語が英語に変わっただけと考えれば、それほど恐れる必要がないことが分かるはずです。そもそも日常の会話で少し文章が間違っただけで、人間関係が崩壊するようなことがあるはずがありません。もし、文章が失礼であれば、その場で謝れば済むことですし、事前に英語が苦手なのでときどき間違えると告知すればよいだけです。仲のよい知人であれば、そのことすらもすでに理解しているはずです。

またメッセージの内容は、基本的に挨拶をしたり、待ち合わせの確認など、他愛もない会話のはずですから、人間関係に亀裂が走るようなことはありえません。最悪、重要なことは電話をすればよいのです。

結局、日本人は何かと理由をつけて、挑戦することを辞めたいだけなのです。やってみたら、メッセージのやり取りはそれほど難しいものではありません。ましてや日常的なやり取りです。使っている文法も難しいものではないですし、毎日同じような文章を使うので、1ヶ月も続ければ慣れます。

自信がなければ、グループ会話などで他人の文書をまねるところから始めればいいのです。最初は挨拶だけでもかまわないかもしれません。その内、1つ2つと返事ができるようになり、逆に自分から発信できるようになるでしょう。

日本人はどうしてもネガティブな思考が先行してしまいます。しかし、メリットをまず最初に考えるべきです。友人とメッセージのやり取りができたらどんなに楽しいだろうかとか、私の好きなものを友人にも共有して欲しいとか、コミュニケーションなのですから日本でやってきたことと同じことをやればいいだけです。ただ、それが英語に変わったに過ぎません。

勇気を持って踏み出し、メッセージを通して友人との絆を深めましょう

Advertisement

2. その先の活用方法を見出す

Find Ways To Use It Further

メッセージのやり取りに慣れてくると活用方法の幅が一気に広がります。1番の活用方法が質問ができるということです

あなたは、これの何がすごいか分かりますか?あなたが疑問に思ったことを質問して、その回答が得られる、これはすごいことだと思いませんか?極々当たり前のことに思えるかもしれませんが、相手は外国人、異文化を持った人なのです。これは、まったく別の価値観を持った人から意見を得られるということを意味し、あなた自身の考え方や人間性に幅が生まれるということなのです。

英語でコミュニケーションを取れることは、あなたの活動の場が世界に広がったということです。そして、冷静に考えてみて下さい。これは、帰国後も継続できる活動の1つなのです。つまり、あなたは大きな財産を得たということになります。

世の中全て、日本から情報が発信されているわけではありません。例えば、私の専門としているプログラム1つ取っても多くが海外で生まれたものであり、今も海外で生み出されています。それらの最新情報を得るためには、やはり海外に目を向ける必要があります。人より早く、海外から情報を得ることができれば、それは大きなアドバンテージとなります。

それに日本語では表現できないものというものは、数多く存在します。日本語に翻訳された文章には、どうしても情報の欠落が生まれます。また、そこには少なからず翻訳者の思想などが含まれるため、情報が湾曲する恐れもあります

英語を使ってメッセージのやり取りができるということは、すばらしいことです。でも、本当にすばらしいことは、これまで日本語で情報を得ようとしていた受動的な考えから、英語を駆使して自分から積極的に情報を得ようとする能動的な考えに変わったということなのです。まさに、好奇心が不安を上回った瞬間といえるでしょう。

メッセージの活用方法は、この他にもいろいろとあります。英語に対する恐怖感がなくなれば、メッセージを通して知らない人と友達になることもできます。もちろん、悪意を持った人もいると思うので、警戒は怠ってはいけません。しかし、それは極一部の人に過ぎませんし、そういった人を見極める力もこれからの世の中を生きていく上で必要となるでしょう。

大切なこと、それは今まで英語学習として捉えていた英語がコミュニケーションとして、1つの武器になったことです。それは、英語を使いこなすという目的の1つを実現したこを意味します。せっかく得たこの能力を活用しない手はありませんし、この能力を得ることこそが英語学習を始めた理由だったはずです。欲しかった能力を得たわけですから、楽しむつもりでドンドン活用しましょう。