自学自習、語学留学中の英文法と精読

自学自習、語学留学中の英文法と精読

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

語学留学の1年間というものは、長いようで短いです。その中でも後半は英語能力の伸び悩みが始まるため、自学自習をおろそかにするとあっという間に帰国のときを迎えてしまいます

語学学校の授業では、英会話を中心としたものになります。そのため、コミュニケーションが大幅に向上したことで満足した気持ちで帰国します。しかし、語学学校内だけで大半を過した人は、帰国後に他のネイティブと英語で会話をしていみると途端に言っていることが分からないということを経験することがあります。これは、語学学校の先生が日本人のスラングや性格、日本との文化の差などを理解しており、生徒に合わせたことで起こる副作用ともいえる勘違いによって引き起こされる幻想が原因です。語学学校は、サービス業の側面もあるので、これは致し方がないことです。

また、英会話能力が向上したにもかかわらず、TOEICスコアが思ったほど上がらなかったという人もいます。英会話で使用する英語は、コミュニケーションを取るための道具であり、難しい文法や単語を要求されていません。語学学校の授業は、相手の話す内容を瞬時に理解するとともに、自分の気持ちを瞬時に英文に変換し、相手にテンポよく伝える訓練を行なっているに過ぎません。つまり、リスニング能力を除けば、それ以外の英語能力はさほど向上していないのです。特にリーディングについては、自学自習を行なわない限り、留学先で急激に成長することは、まずありえません。

TOEIC対策を中心に授業を行なう語学学校もありますが、これもリスニングがメインであり、リーディングについては良く出る文法を覚えたりと試験対策をしているに過ぎません。そもそも、TOEIC対策は海外に行ってまでやるようなことでなく、国内でまかなえます。この手の語学学校を選ぶ人は短時間でTOEICのスコアを上げなければいけないという緊急性を要している人だけでしょう。

語学学校を経て、帰国後に英語の上級者を目指す人は、語学留学中のまとまった時間を効率的に活用しなければいけません。なぜなら、帰国後は日本での忙しい日常生活が待っており、まとまった時間を確保することが難しいからです。

では、語学留学中に行なう自学自習に何をすればよいかということになります。それがリーディング能力の向上ということになります。語彙力強化については、語学留学先であろうと国内であろうと常に行なうものですから、特に意識する必要はなく、毎日継続すれば問題あります。やはり、重要なものは英文法の強化と精読の精度向上ということになります。そこで今回は、スピーキングも視野に入れた語学留学中のリーディング強化について、次の2つのテーマで説明します。
英文法と精読の必要性
英文で覚える単語帳の活用

Advertisement

1. 英文法と精読の必要性

The Need For Grammar And Reading

語学留学の後半で英語能力が頭打ちするため、リーディング能力を強化することになるわけですが、日本国内で行なってきた英語学習法では不十分です。日本で行なわれている英文の読解は、ゆっくり時間をかけてでも正確に読み解く(精読する)ことが求められています。これが、契約書などの重要な書類を読み解くのであれば正しいことですが、小説などの本を読む際に読解に時間をかけているようであれば本を楽しむことはできません。もちろん、間違った解釈をしないためにも正確に読むことも求められます。

リーディング能力が向上することで、短時間で多くの英文に触れることが可能となります。これにより、スピーキング能力も向上します。なぜなら、瞬間的に英文の意味を捉えることができるということは、瞬間的に英文を作り上げることに繋がってくるからです。

また、語学留学中の自学自主は、常に英会話を視野にいれたものでなければ、非効率といえます。その部分がおろそかになると日本国内でやっていた英語学習と何らかわらないからです。特に瞬発力と精読の2つは常に意識しておくことが重要です。

ここで注意すべき点は、精読の能力向上を重視しすぎないということです。まず、重要とされることは英作文の瞬発力です。会話というものは、相手がいて初めて成立するものです。そして、相手とあなたとの言葉のやり取りがある以上は、テンポというものがあります。どんなに楽しい内容を話していたとしてもテンポが悪いとコミュニケーションが台無しになります。そこで、テンポよく話すために英作文の瞬発力(瞬間英作文)が求められるわけです。

しかし、その瞬間的に作成された英文が意味を持った正しい文章であることは必須です。そのためには、英文法や精読が必要となってきます。この英文法や精読の能力向上ですが、瞬発力を殺さないということが先ほども説明したように重要です。英文法や精読の学習は、どうしてもじっくりと時間をかけて1つ1つの英文を読む形になってしまいます。それでもその読む時間というものをどれだけ減らしていけるか、減らそうと努力するかでその後の英会話に生きてきます。

言い換えれば、英会話において、どれだけ英文を早く瞬時に理解できるかが上級者になる上で求められる能力ということです。日常会話で困らない程度であれば、基礎的な英文法を理解するだけで、多少の文法ミスがあったとしても、相手が会話の前後から類推するため、大きな問題にはなりません。しかし、英文法を間違えることは聞いている相手に少なからずの負担がかかります。そう考えると瞬発力と正確性というものは、相反するものですがどちらも向上していく必要があり、それができる人が正に上級者といえるのです。

Advertisement

2. 英文で覚える単語帳の活用

Learn In English Sentences

語学留学中の英文法の強化と精読の精度向上の重要性はわかったと思います。では、具体的にどのような学習法に取り組めばよいかということになります。ただ英文法の知識を蓄えるだけでは、瞬発力を養うことはできません。特に英文法問題集は、穴あけ問題が多いため、たくさんの数をこなしたとしても選択肢から正しい言葉を選ぶ能力が長けるだけに過ぎません。つまり、英文の一部を切り取り正確に答える能力が向上するだけであり、1つの長い文章を口から詰まることなく出すための訓練にはならないということです。

もちろん、英文の正確性を向上させるためには、このような学習法も必要です。しかし、これでは英会話との関連性が薄いままとなります。では、瞬間英作文を行なえばいいのでしょうか?瞬間英作文には、スピーキングを向上させる上では効果的な学習法ですが、英文を暗記してしまいオウムのようにいつも同じフレームを口ずさみ、応用力に欠けたコミュニケーションになるという問題があります。その結果、表現力が乏しくなり、会話がつまらなくなってしまいます。会話に瞬発力は大切ですが、応用力を損なわない自然な会話ができるよう心掛けましょう。

そこで、効率的なものが英文で覚える単語帳となります。この手の英単語帳は、それぞれに難易度が設定されており、語彙レベルが上がると同時に使用される英文法のレベルも上がる傾向にあります。そこで、これらの英単語帳を使って瞬間的に読み解く力を養えば、語彙力強化や英文法の強化だけでなく、英会話への転用が可能となるのです。瞬間英作文で英文を覚えてしまうのは、少なくて簡単な英文を何度も周回することによって起こります。英文で覚える単語帳は、世の中に数を多く存在し、それら全てを暗記することは不可能ですから、このような問題が起こりにくいことも大きな利点といえます。

スピーキングの最終目標は、あなたが瞬時に正確な英文を作成できる能力を身に着けることです。そのためには、英文法と精読を交互にまぜながら行なっていくことで、正確にすばやく読解する力を身に着けていくことが最短ルートであるということを頭の片隅に置いといて下さい。