語学留学、スラング強化のための積極的な行動

語学留学、スラング強化のための積極的な行動

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

語学留学において、英語の授業をこなすことは容易なことです。何よりも、授業である以上は思わぬトラブルが発生することが、まずありません。また、日本人は受身な性格のため、相手から指示を受ける方が気が楽です。

しかし、そのような環境だけを求めるのであれば、そもそも海外に行く意味すらありません。やはり、海外へ行く以上はそこでしか体験できないこと、特に英語に関することに積極的に取り組むべきでしょう。

そもそも、英語とは世界の人たちとコミュニケーションを取るための道具です。英語の授業とは、その道具の使い方を覚える作業であり、実際に道具を意のままに使いこなすための作業しているわけではありません。使いこなすためには、実践経験を積むほかないのです。

今日では、英語はネイティブの他に、私たちのようなノンネイティブも使用します。そして、語学学校にはそのようなノンネイティブの人たちが集まってきています。私たち日本人も含め、彼らのスラングは独特で聞き取ることが難しいのが実情です。なお、今回の記事でいうスラングとは、ネイティブが使う英語圏内にある汚い言葉などではなく、世界における地域によって独自の進化を遂げた英語、いわゆる方言に近い意味を指しています。

特に英語を公用語の1つとしている地域、例えばシンガポールやフィリピンなどでは、国民が自分たちはネイティブ(ここではアメリカやイギリスなど)と同様に英語を流暢に話すことができるという自信を持っており、私たちが想像しているようなアメリカ英語やイギリス英語の2つだけに分類することができないのです。やはり、それらの国の英語には母国語が色濃く反映されており、独特のものになっています。

だからといって、公用語である以上はそのスラングを指摘し、直せるものではありません。つまり、私たちがどんなスラングにも対応できるだけの能力を身に着けることが重要ということです。事実、ネイティブはその能力を有しています。私たちが外国人の日本語を聞いた場合も、例えつたない日本語だったとしても、類推などを用いて、相手のいいたことを確実に拾えているはずです。

だからといって、英語がネイティブでない私たちがこのような能力を自然に得ることは絶対にできません。だからこそ、多くの実践経験を経て、その能力を培う必要があるのです。今回は、海外でしかできない経験について、スラングを中心に説明します。テーマは2つです。
日常でのスラング強化について
旅行先でのスラング強化について

Advertisement

1. 日常でのスラング強化について

Strengthening Slang In Daily Life

先ほども説明しましたが、スラングはその国々に存在します。私たち日本人でいうところのカタカナ英語と呼ばれるものです。私たち日本人は、英語が苦手なことを自覚しているため、近年の英語学習者は徹底的に発音を強化します。その努力もあり、ネイティブから発音が綺麗であるといってもらえることもあるでしょう。もちろん、ノンネイティブとして綺麗ということであって、私たちは完全なネイティブにはなれません。また、お隣の韓国の人も同様の考えを持っており、聞き取りやすい英語を話します。

しかし、どんなにひどい英語を発音したとしても自分たちに自信がある他の国では、そのスラングが一般化しています。では、ひどいスラングであれば聞き取れないのでしょうか?そんなことはありません。最初は聞き取れないことも多いですが、私たち自身の英語能力が向上すれば聞き取れるようになります。

1つ例外があるとすれば、中国人が話す英語だと思います。昔の日本人がカタカナ英語で必死に話しているような状態の中国人がまだまだ数多くいるからです。いくらスラングが認められているといっても、アメリカ英語やイギリス英語とあまりにかけ離れた英語を話すと通じません。それは、私たち日本人がカタカナ英語で痛い目にあってきた歴史が物語っていることでしょう。

もちろん、しっかり英才教育を受けた中国人の人たちは違います。しかし、ほとんど中国語に近い発音をする人が多く、その人たちの英語を聞き取るためには、英語能力の向上だけでなく、中国語の知識も必要となるのです。もちろん、ビジネスをするような人は多少スラングがあっても綺麗な英語を話しますので、そこまでしてひどい英語を聞き取る能力を身に着ける必要はないとは思います。

では、日常生活の中でこのようなスラングに対応する英語能力を身に着けるにはどうすればよいのでしょうか?多くのスラング(癖がある)英語に触れるには、映画を見るとよいという人がいます。確かにこれは効果的な学習法です。しかし、あくまで学習(予習)としての効果しか得ることができません

そもそも、映画は人によって作られたものです。そして、大衆に分かるように言葉を選択しています。つまり、その台詞は正確には生きた英語といえないのです。あらかじめ作られた台詞である以上、脚本家が間違いがないように正確で完璧な英語を書き上げます。そして、意図しない限りは台詞を間違えることもなく、次から次へと台詞が出てきます。これは、日常生活において明らかに不自然です。また、英語がはっきりと視聴者に分かってもらえるように、重要な会話の際は静かな環境であったり、俳優の声のボリュームを上げたりします。このようなことも日常ではありえません。例え、アクションシーンであっても、重要性のない台詞が爆発音の中で話されている中、いざ重要な場面となると周りの音のボリュームを下げたり、大声で話したりするはずです。

実戦経験を積むには、やはり語学学校の外に出る必要があります。買い物1つ取っても、多くの会話を必要とします。また、欲しいものを手に入れることが目的であり、そのためには集中して、何とか相手に意図を伝えようと頑張って英語を使うはずです。

これは語学学校のような緊張感がない中での会話と違い、プレッシャーであったり、不安であったりいろいろな感情や状況を含んだ状態での会話となります。最初のうちは脳への負担が大きいですが、いずれは自然な会話ができるようになります。このことは、スラングに対応できる英語能力を向上させるだけでなく、英会話全体の能力向上にも繋がるため積極的に行なうべきです。

Advertisement

2. 旅行先でのスラング強化について

Strengthening Slang At Travel Destinations

日常生活以上にスラング強化の効果を発揮するものが旅行です。海外で始めての場所に旅行へ行く以上は、始めての体験を数多くすることになります。

旅行に行くとあなたが事前に立てた英語学習のスケジュールがどうしても大幅にずれてしまいます。しかし、それでも優先すべきです。そもそも、そのような英語学習スケジュールは、あなた自身の自学自習の部分であり、それらは帰国後もできるはずです。だからこそ、最優先する必要はありません。

また、お金の問題があるかもしれませんが、得られるものは大きいですし、この機会しかできませんので、やはり無理をしてでも行くべきでしょう。お金は後からでも稼げますが、その体験は二度と訪れないかもしれません。

ここで1つ注意すべき点ですが、旅行には積極的に参加するとして、ツアーは特別な場所を除いて除外すべきということです。できれば現地で作った友人と現地人の立場で旅行に行くことをオススメします。

なぜなら、海外でのツアーは外国人をターゲットにしているため、ツアーガイドたちが外国人になれ過ぎているからです。そうなると英語学習として得られる体験が半減します。

また価格にも問題があります。とにかく外国人を対象としたツアーは、外国人価格ということでかなり高額に設定されます。また、外国人が好む有名な場所にしから訪れませんし、場合によっては詐欺に近い行為にあう可能性もあります。

隠れた名所は現地人が一番よく知っています。また、現地の友人と行くことで安心感も手に入れられ、積極的に英語が使う環境が整えやすいです。例え間違った英語を使用したとしても、友人がフォローしてくれるでしょう。

旅行全般にいえることですが、とにかく積極的になってください。全てを友人にまかせっきりにしては絶対にいけませんし、意味がありません。買い物を1つですら、まかせっきりにして英語を話さない日本人を数多く見てきました。中には、同じ日本人の友人に通訳をお願いしている人までいました。これでは、旅行に来た意味どころか語学留学の意味すらなくなります。もちろん、その人は挫折して日本に帰国しました。

旅行先で得られる大きな体験としては、まず買い物や道を尋ねるなどの実践経験を数多く行なうことです。そして、語学学校で少し成長したと思っていたあなたのうぬぼれを叩きのめしてくれます。どれだけ語学学校が温室育ちかということが分かることは、その後の自学自習に対しての姿勢が大きく変わるだけでなく、あなたに足りない英語能力をはっきりと示してくれるため、効果的です。

客観的に今のあなたの英語能力を見つめ直すためにも、どんどん旅行に行きましょう