語学留学前に日本への未練を断ち切る

語学留学前に日本への未練を断ち切る

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

近年グローバル化が進んでおり、生きた英語(ネイティブの英語)を国内で学ぶこともできるようになってきました。そんな中で、英会話と語学留学に違いがあるのでしょうか?もちろん、あるからこそ毎年多くの学生や社会人が海外に英語を学びいくわけです。

コストの面でいうと語学留学の方がはるかに高いです。といっても授業料だけみると国内よりも安く済みます。ここでいうコストは、トータルコスト(移動費、生活費などを含むコスト)ということになります。それでもそんな大金を支払ってまで語学留学に行く理由は、英語能力が飛躍的に向上すると誰もが思っているからです。

ここで、重要なことは思っているということです。つまり、実際には飛躍的に向上する保証はないのです。むしろ、飛躍的に向上することは絶対にありえないのです。単純に海外に行って英語学習をすることで、英語の学習時間が大幅に確保できるからこそ、飛躍的な向上に思えるだけで実際に英語学習をしなければまったくもって意味がないのです。

語学留学するとリスニングやスピーキング能力が大幅に上がると思う人がいますが、それは単純に国内でそれらのトレーニングをしてこなかっただけに過ぎません。やる気があれば、国外と同じように国内でも同等の成果を得ることができます。

ただ、やはり国外の方が四六時中英語を使用しなければならない環境に身を置くわけですから、英語能力の向上は国内よりも容易でしょう。もちろん、英語を使用する環境に身を置かなければ、海外へ行ったところで一緒です。

語学留学に行って、日本人同士でつるむことはもちろん論外ですが、海外に行ったからといって、あなた自身を完全に日本の生活と切り離すことはできません
特に社会人には厳しいことでしょう。学生であったとしても、少なからず繋がりは残るはずです。

しかし、この繋がりはできる限り断ち切ることが重要です。語学留学は長くても1年程度です。それに実際に断ち切る期間は、そんな長くなくてかまいません。そこで今回は、語学留学に行く前と語学留学中において、日本への未練を断ち切る話をしたいと思います。テーマは2つです。
語学留学前の日本への未練
語学留学中の日本への未練

Advertisement

1. 語学留学前の日本への未練

Regret Before Studying Abroad

さきほども書きましたが、語学留学へ行く前に日本に対する未練を断ち切ることが重要です。いつまでも未練があると語学留学先で生活に慣れるまでに時間がかかってしまいます。

生活環境が変わる以上、その環境に溶け込まなければなりません。せっかく海外に行くわけですから、その環境を楽しむことが重要なのです。では、語学留学の前に何をしたらよいのでしょうか?もちろん、全てを捨て去ることはできません。社会人であれば仕事などもあるのでなおさらです。

しかし、こういった簡単に捨て去ることができないものの中にも、語学留学前に片付けてしまえるものと語学留学後に回せるもの(後回しにできるもの)があるはずです。この2つを行なうだけでも、日本としがらみを大幅に減らすことができます。

特に事前にできることは確実に片付けておくほうがよいでしょう。人間である以上、やり残したことがあるとどうしても、そのことがいつまで心に残ってしまい集中力を妨げてしまうからです。もしくは、そのことが絶対にやらなければならないことでないのであれば、いっそのことバッサリと諦める勇気もときには必要となるでしょう。

これは、仕事に限ったことではありません。友人、知人、家族の関係もこれに該当します。英語を使う生活、英語圏の文化に触れることが英語能力を向上させる上で、もっとも重要なことです。にもかかわらず、日本にいるときのようにひっきりなし友人とLineで話をしているようではいけません。こういった友人、知人にはあらかじめ語学留学に行くことを言って、英語に集中したいことを正直に話す方がよいでしょう。日本人は空気を読む力がありますから、連絡は控えてくれるはずです。FaceBookで定期的に生存報告をするくらいがちょうどいいのかもしれません。それも、英語で書くとよりよいでしょう。

もちろん、家族はあなたのことを心配すると思いますが、Lineのような常に会話できるツールを使用することはおすすめできません。次でも説明しますが、この日本語制限は帰国後までではありません。海外生活はどちらにしろ、最初は生活することで手一杯になるはずです。そのこともあり、家族には頻繁に連絡できないことを伝えればよいと思います。また、正直に英語学習に集中したいことも伝えておくべきでしょう。家族である以上、友人、知人よりも理解してくれると思います。

Advertisement

2. 語学留学中の日本への未練

Regret While Studying Abroad

実際に、海外へ行き語学留学を始めた際に気をつけることですが、先にも書いたとおり日本人学生と絡むことは、絶対に止めた方がいいでしょう。日本語が話せてコミュニケーションが取れることは、心に安心を与えるかもしれませんが、逆に英語を絶対に使わないと生きていけないというプレッシャーに身を置くことができません

特に語学学校が寮完備の場合はなおさらです。衣食住が保証された状態で、周りに日本人がたくさんいると授業以外で英語を使用しなくなります。そして、日本語でコミュニケーションを取ることで、そこに時間を取られ自学自習の時間までも削られてしまいます。

ただでさえ、寮という環境は語学留学に適してた状況とはいえない中、そのような行動は決してやってはいけないのです。大学で一人暮らしをするか実家通いをするかで、明らかに社会への適性能力に違いが出てくることを実感している大学生であれば、想像ができることでしょう。

海外に来てまで、温室育ちを続けること自体が語学留学のメリットをつぶしていることになります。寮に入ることは、英語学習の時間が最大限に取れることで効率的であると思っているかもしれませんが、それは逆効果です。語学学校はそのように理由を述べますが、実際は寮が莫大な利益を生むために適当な理由をつけているに過ぎません。日本人の性格や文化を知っている英語教員と話したところで、実践的な英語など身に付くはずがないのです。土日、祝日しか外にでない人と毎日買い物するだけでも英語が必要となる人、どちらが成長するかは火を見るより明らかです。

さて話を戻しますが、日本語の禁止期間は寮生活をしている人を除いて、最初の3ヶ月から半年程度で問題ありません。要するに生活になれるまで、極力日本語に触れないようにするということです。この期間を越えると片言ながら英語で生活を送ることが可能となっているはずです。そのため、日本語に飢える(日本語に心の安らぎを求める)ということがなくなります。

ただし、寮生活の人は日本語に触れることはしても、直接現地で日本人と話すことは絶対に止めた方がいいです。その理由は先で説明したとおりです。日本語のコミュニケーションは家族に限定し、それも最低限にすべきです。そもそも寮生活であれば安全性は確保されていますし、何かあれば寮から家族に連絡が行くはずです。つまり、家族の心配も最小限に抑えられます。

では、この期間を過ぎた後も日本語に触れる機会はできるだけ減らした方がよいのでしょうか?実はそんなことはありません。もちろん、日本語を英語学習の逃げ道にすることはいけません。しかし、外国人とコミュニケーションをする際に日本の文化というものは、よく話題にあがるものです。日本人である私たちは、日本文化を実はあまりよく知っていません。この時期になると相手に英語でいろいろなことを伝えることができるようになります。そして、日本の良さを伝えるためにあなたは英語を駆使するはずです。知らない単語も調べるでしょう。英語を知ることは英語圏の文化を知る一方で、日本の文化を見つめ直すよいきっかけになるのです。

また、これまで無意識で話していた日本語についても、文法や言葉使いなどいろいろなことに気付きます。一つの言語として日本語を捉えることは、英語能力を向上させる上でも重要なことなのです。もう一度、日本という国を見つめ直す意味でも、語学留学の後半はどんどん日本について触れるべきでしょう。政治、経済などにもきっと興味が沸くと思います。