初心に返るためにネイティブの感覚で英語を学ぼう

初心に返るためにネイティブの感覚で英語を学ぼう

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

英語学習を継続していると日本人である私たちは、受験勉強のような学習法を無意識の内に多用してしまいます。長年培ってきた学習法であり、安心感があるため致し方ないことかもしれません。また、その学習法に対して、絶対の自信があれば英語学習がうまくいき、大きな成果を得ることは間違いないでしょう。

しかし、受験勉強に沿った学習法は知識を得る上では効率的であっても、生きた英語を学ぶ上では十分といえない場合があります。やはり、ネイティブが使う自然な生きた英語を用いた方が会話もはずみ、英語以外にも多くのことを学べることができることでしょう。

ここで、1つ勘違いしてはいけないこととして、単語や英文法などきっちりと学んでいく学習法が無駄であったり、非効率であったりするわけではないという点です。

まれに、英文法などの基礎知識を学んでも一向に英語が話せないからといって、英会話から始める人がいますが、これは間違っています。会話ができない理由は、その訓練をしていないだけであって、結局、口から出る言葉はこれまでに培ってきた基礎知識に他ならないからです。

どんなに会話の練習をしたところで、基礎がなっていなければ、結局口から出る言葉は、まったくの規則性を持たない、ただただ単語を並べただけの文章となり、ネイティブには苦痛を伴います。そんな中で会話がはずむはずもありません。

今回、説明したい内容はこのような実践的な訓練(英会話)を推奨するものではなく、むしろ基礎学習である英文法などにおいて、ネイティブの視点に立ってものごとを捉えることで、より深く理解できることについてです。そうすることで、私のように目標に向かってまた1歩前進することができるはずです。

今回のテーマは2つです。
ネイティブの視点に立つということ
本当に得るものはその先にあること

ここで1つ補足しておきたいことがあります。タイトルでは「初心に返る」ということで、「返」という漢字を使っています。もちろん、「初心に帰る」という漢字を使ったとしても間違いではありません。現在ではどちらも使用されており、特に新聞では「帰」を使うことが多いため、こちらが主流になりつつあります。しかし、本来であれば「初心に返る」の方が正しかったようです。

今回、ひらがなではなく、あえて「初心に返る」を用いたことについては、「振り返る」という意味合いを持たせたかったからです。「帰」という言葉使ってしまうと戻るイメージが強く、みなさんがこれまで行ってきた英語学習を否定するようで、私自身が嫌だったからです。あくまで振り返りだけの行為であり、決して元に戻るわけではなく、見つめ直すことでさらに前進してもらいたいという気持ちを込めて、こちらを使いました

英語学習をする上で、英語だけでなく日本語も見つめ直すことは重要であり、英語の能力向上に効果的だと思います。みなさんもときには日本語に目を向けてみてはいかがでしょうか?では、本編の続きとなります。

Advertisement

1. ネイティブの視点に立つということ

View Point Of Native Speaker

ネイティブの気持ちを考える上で1つの手法として、外国人が日本語を学習することを想像することが上げられます。

日本語は多くの外国人に学ばれています。それだけ、需要があるということです。そして、外国人が日本語を学習する際に悩んでいることは、日本語人が英語を学習する際に悩んでいることと表裏一体となっています。つまり、悩む箇所が同じということです。

私たちには簡単に思えることが、外国人には難しいのです。例えば、「てにおは」です。これは、○○へ、○○に、○○を、○○はという言葉を取って繋げたもので、私たちが何気なく使っている言葉です。

逆に私たちが日本語を英語に直す際に同じような悩みがあるはずです。1つが自動詞、他動詞の区別です。そしてもう1つが前置詞です。他動詞であれば、「~を○○する」という形を伴うために「を」を意味する英語は必要ありません。しかし自動詞の場合は、「○○する」という形となるために「を」にあたる前置詞を補う必要があります。これは、まさに先ほどの外国人の悩みと同じです。

次に、「私はこの荷物を持っていきます」と「私がこの荷物を持っていきます」についてですが、1文字違いにもかかわらず、随分と意味が変わってきます。この違いを説明しろと言われても、難しいと思います。その場の状況もきっと必要になるでしょう。また、日本人の性格や文化も関連してきます。また、言い方によっても随分と意味や印象が違ってくることでしょう。

例えば、2人の日本人がいて、2つの荷物を運ぶ際に、「私はこの荷物を持っていきます」といえば、正確には「私はこの荷物を持っていきます(から、あなたがもう1つの荷物を運んで下さい)」というニュアンスが含まれることでしょう。また、1つの荷物しかない場合に「私がこの荷物を持っていきます」とちょっとぶっきらぼうに話した場合は、「(あなたは荷物を運びたくないでしょうから、)私がこの荷物を持っていきます」というちょっと怒っている状況かもしれません。

これと同じ状況が英語においてもあるわけですから、ただ闇雲に英単語を暗記したり、英文法を覚えるだけでは、深いところまで英語を理解することができないことは容易に想像がつくことでしょう。

では、どうすればネイティブの感覚をつかめるのでしょうか?それは、非常に難しいことです。なぜならば、私たちは海外に住んでいるわけでもありませんし、バイリンガルでもあるわけでもありません。ですから、ネイティブとまったく同じ状態というものには絶対になれないのです。

しかし、それに近付くことはできるはずです。そして、少しでも近付くことで英語は飛躍的に改善されていきます。大事なことは、その近付こうとする気持ちであり、強い意志です。

その気持ちがあれば、英語学習にも変化が現れるはずです。例えば、同じ日本語訳を持った2つの単語に出会ったとき、何が違うのか、ネイティブはどのように使い分けるのかという疑問が生まれるはずなのです。これは、ただ覚えるという作業とは大きくことなります。それは、その疑問を通して異文化に触れようとしているからです。

その気持ちを大事にして、日々の英語学習に取り組んで下さい。

Advertisement

2. 本当に得るものはその先にあること

What You Really Get Is Ahead

さて、ネイティブの感覚を学ぶことで、一体どのようなメリットが生まれるのでしょうか?すでにいくつかメリットを上げましたが、再度それらも踏まえて考えてみましょう。

まず、英語学習者としての大きなメリットは、英語能力の向上であったり、知識の向上でしょう。これは言うまでもありませんが、ネイティブが話す言葉(英語)を学習するわけですから、ネイティブの立場でものごとを考えれば、自ずと向上するものです。

英作文1つを取ってみても、ネイティブの感覚で作文すれば、それは自然な文章であり読みやすくなるに違いありません。つまり、英文法に捕らわれない、ネイティブの視点で英文を捉えることができるようになるということです。

しかし、ネイティブの感覚を学ぶことで得られるメリットはそんな浅い話ではありません。英語学習を継続していくと英語学習そのものが目的になりがちで、TOEICで高得点を取ることや英語資格を取るといった間違った方向に考えが及び、そこだけに力を費やす恐れが出てきます。

当初の目的は別にあったはずです。ネイティブの感覚を学ぶということは、その当初の目的つまり英語を使ったその先の未来を切り開くきっかけとなるのです。

まず、ネイティブの感覚で英文を捉えることで、その文章の中に文化を少しが垣間見るはずです。この少しが重要なのです。これは、インターネットでいうところの興味のある検索キーワードを見つけたようなものです。そして、これをきっかけに1歩、外国の文化に足を踏み入れるのです。

踏み入れた先は、きっと全てが英語でできた世界でしょう。しかし、だからこそ英語を学ぶ気持ちをさらに高めることができるはずなのです。英語で書かれた異文化をもっと知りたい、もっと学びたい、だからこそさらに英語学習に励む。これこそがまさに理想の形ではないでしょうか?

是非、みなさんにはネイティブの感覚に立って英語に触れ、当初の目的を思い出すとともに、異文化に興味を持つことで学問だけの英語から脱却して欲しいものです。