時間を有効活用!調べることで単語の意味以外も知る

時間を有効活用!調べることで単語の意味以外も知る

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

みなさんが英語学習を進める上で必ず行う行動があることは把握していますか?当たり前過ぎて、言われるまでは意識していない人も多いかもしれません。答えは、分からないことがあったら調べるということです。

そんなことかと思うかもしれませんが、この行動は新しい知識を得るだけではなく、自分の今ある英語能力を知る上でたいへん重要な指標となります。

今まで意識していなかった人は、調べるということに対して、有効活用できていなかった可能性が高いということを自覚する必要があります。

英語学習初心者においては、辞書を引くという行為は、めんどくさく、そしてやりたくない作業の1つに上がることがあります。特に英語を苦手としている人は、なおさらでしょう。

しかし、なぜ調べるという行為がそれほどまでに苦痛を伴う行為なのでしょうか?本来であれば、新しい知識を得られるのですから良いことであるはずです。1つには時間がかかるという点が上げられるでしょう。

苦手な人は、辞書で引く行為は単語の意味を知るためだけの行為だと思っています。この1点しか、意味を成さないのであれば、解答を見たほうが早いと思うわけです。英語学習初心者にありがちな日本語の全訳が付いた問題集しかしたくないという行動は、ここからくるのでしょう。

実は、これ自体が間違っているのです。そもそも、中学英語教材や高校英語教材は、未知の単語が次から次へとどんどん出てくるものではなく、使用される範囲が決まっており、それは英単語帳をいくつかこなすことで90%以上を覚えることができるようになっています。また、中学英語だけをしっかり覚えていたとしても、高校英語教材であっても70%は知っている単語で埋め尽くされます。

ここで示す割合は、知っている割合であり、1ページを占める割合ではありません。つまり、1ページあたりに出てくる未知の単語が10%や30%あるわけではないということであり、これを占める割合に変換すると、ほとんど分からない単語はないというレベルになります。

しかし、全体の内容を把握するためには、95%以上を知っておく必要があるため、辞書で何度か調べる必要は出てきます。しかし、多くても1ページにつき5回目ないはずですから、辞書を引く行為が例え、単語の意味を知るためだけと思っていたとしても、英文全体を把握するためのちょっとした作業であるため、苦痛とは思わないはずです。

つまり、英語学習初心者は単語を覚える前にいきなり長文を読もうとするために、何十回と辞書を引くことになり、うんざりしてしまうということです。事前に単語を覚えておけば、辞書を引く回数は少なくて済みますし、長文を読む作業が単語を覚える作業に置き換わることはありません。つまり、長文読解に専念できるということです。私もこのことに気が付いてからは、英語学習が楽しくてしかたがなくなりました。

今回は、このような事態におちいらないためにも、調べるという行為をどのように解釈して、自分の英語能力チェックに活用するかを説明します。テーマは2つです。
調べるということを見つめ直すべき
調べる際の自分の気持ちに気付くべき

Advertisement

1. 調べるということを見つめ直すべき

Should Look Again

調べると一言でいっても、手段も目的もいろいろあります。英語の問題を解いたり、小説などの英文を読む際にどういった理由で何をどのように調べるのでしょうか?

まず、英語学習初心者で最も多い理由が、単語の意味を知るということでしょう。もちろん、これはイディオムやスラングなども含みます。しかし、これは先ほども説明しましたが、事前に語彙力強化(ボキャビル)を行っておくことが最善策であり、その上で単語の意味を調べるということを行うべきです。

また、単語の意味を調べるという行為のみを行うことは、非常に非効率です。なぜなら、辞書には多くの情報が記載されているからです。ここで、英語学習初心が辞書を引く際に時間を有する理由についてですが、その多くの情報から正しい意味や用法を導き出すことができないことが上げられます。これは英文法の知識が不十分であることが原因であり、自覚しておく必要があります。

また、長文読解を行う際に音読(何かしらの理由で声を出す)が加われば、読み方(発音記号やアクセント)も重要となってくるでしょう。

例文も多くの情報を含んでいますが、長文読解に絞って考えた場合は、あくまで正しい選択(文法解釈)をする上でのヒントとなる位置付けです。これが、英作文などになるともちろん、見方が変わってきます。

そして、これらは全て、辞書についての話になります。もう一つ、英語学習者が調べる際によく使うものが英文法書です。こちらは、もちろん英文法で分からないところがある場合に使用されます。

これだけ見ても、調べるという行為には、いろいろな目的があることが分かります。大切なことは、今自分が何を調べているのかということを意識することです。これが、調べるという行為を有効活用させるための前準備だからです。

さて、ここで2点気になることが出てきましたか?それは、辞書は紙媒体か電子辞書かあるいはアプリかということと、インターネットで調べることについてです。

辞書については、アプリが優勢ということになるでしょう。今、電子辞書とアプリとの境目がなくなりつつあります。それどころか、アプリは電子辞書と同様に新たに辞書を追加したり、音声再生であったり、辞書間のリンクあったりと電子辞書でできることは全て網羅しています。その上、アップデートも容易で他のアプリも入れられるわけですから、コスト面を除けばアプリに軍配が上がることは間違いありません。

では、紙媒体の辞書はどうかというとやはり重いことがネックです。持ち運ぶ際、かさばる上に重い、そして調べる際に時間を有する。さらに、電子辞書のように関連事項や他の辞書に瞬時にアクセスできませんし、履歴ももちろん残りません。このような面から、調べるという点では近年、紙媒体の優位性は損なわれてきています。

しかし、この紙媒体の辞書も視点を変えればたいへん役に立ちます。例えば、単語帳としてであったり、例文集といった英語学習教材として取り扱う場合です。ただ、今回は調べるということに焦点を当てているため、これについては割愛します。

最後にインターネットを使った検索ですが、これらもすぐに答えが分かるという点で、活用する人が多いと思います。しかし、正直おすすめできません。

インターネットの最大の欠点は、信頼性に欠けるということです。どこの誰が書いたか分からないものを鵜呑みにすることは非常に危険です。

辞書や英文法書は、プロ中のプロが作成しているわけですし、辞書にいたっては常に見直しがされているものです。これほど信頼におけるものはないでしょう。また、その1冊で完成させている点が優れています。つまり、信頼ができて、文章に一貫性があり、その上完全網羅しているわけですから、それを差し置いて、まず最初にインターネットで調べるという行為はおろかなことなのです。

もちろん、インターネットには良い点もたくさんあります。しかし、検索は早いものの正しい情報かどうかを判断することに時間を有してしまうため、実は決してすぐに答えが分かるというわけではないのです。インターネットは、あくまで補足的な立ち位置を取ることが有効だと思います。

Advertisement

2. 調べる際の自分の気持ちに気付くべき

Should Be Aware Of My Feelings

調べるという行為と自分の英語能力をどう比較するかについてですが、長年英語学習を行っていると自分の英語能力がはっきりと見えるようになります。

というと、あまりに答えになっていないため、1つの指標を示したいと思います。それが調べる際の自分自身のリアクションです。

これまでは、手段と目的の話をしました。これは、分野を絞るために重要で、どの分野が弱いかは、すぐに理解できると思います。つまり、単語の意味を調べれば語彙力が弱い、発音を調べれば発音が弱い、英文法を調べれば英文法が弱いとごくごく当たり前のことをいっています。

問題は、その能力がどの程度不足しているかに他なりません。それを知る方法こそが、調べる際の自分自身のリアクションなのです。

ここでは分かりやすいように単語の意味に焦点を当てます。英文を読んでいて、分からない単語が出たときに何を行うか、それは前後の文からの単語の意味を類推するという行為です。そして、その上で意味が分からない場合に辞書を用いて、意味を調べるわけですが、この際に5つのレベル分けをしていることは自覚していますか?それが、
1. 見たことがない
2. どこかで見たような気がする
3. 一度覚えたはずだけど、意味が思い出せない
4. おそらくこの意味だと思う
5. これで合ってるとは思うけれど、念のために確認したい
です。

1が何度も起こる場合は、教材のレベルが高いかもしくはボキャビルがそもそもされていない状態です。23の場合は、十分にボキャビルができていないということになります。知らない単語は初見から100回遭遇しないと覚えられないといわれています。これを指標に単語帳を周回しましょう。また、45のような単語が頻繁に出てくる場合でも、ボキャビルが甘いためにこれまでやってきた単語帳と同等レベルの別の単語帳で再度ボキャビルを行うことが有効でしょう。なぜなら、別の単語帳を使用するかについてですが、各単語帳によって使用される単語の意味が違うからです。せっかく、再度ボキャビルをやり直すわけですから、単語の意味に幅を持たせるほうが有効でしょう。

この5段階評価は、単語などすぐに効果が目に見えないものには、モチベーションを上げる上でたいへん有効です。長文読解をする際に、思うようにスラスラ読めないという場合は、何かしらの英語能力が不足していることを意味します。それが、何かを突き止めることが重要であり、その際の指標の1つに今回の方法を付け加えることで、あなたの英語学習法はより強固なものになるでしょう。