1000時間英語学習、果たして成果は得られるのか?

1000時間英語学習、果たして成果は得られるのか?

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

英語学習を始めるにあたって、1日も欠かすことなく毎日学習を継続することが最初の試練ともいえるほどの大きな壁となります。

その上、1日の学習時間は3時間という普段学習しない人にとっては、途方もない時間が設定されています。

そんな中、英語学習者が先ず目指す総合英語学習時間が1000時間です。1000時間という数字だけで見れば、一見それほど長い時間に感じないかもしれませんが、1日に3時間の英語学習を継続したとしても1年近くの日数が必要となると考えれば、その時間どれほど長いものか分かるでしょう。

つまり英語初心者は、毎日3時間の英語学習を1年間、1日も欠かすことなく続けなさいということです。そして、この1000時間の英語学習を終えた後、中級者レベルに達すると言われています。

1年間という長い英語学習を達成すれば、確かに中級レベルに達する気がします。しかし、そもそも中級レベルとはどの程度の英語能力が身に付いた状態のことをいうのでしょうか?また、1000時間学習すれば本当に英語能力が中級レベルに達するのでしょうか?

人間誰しも、小さいな努力で大きな成果を期待するものですが、いざその成果を目の当たりにして、期待したほどの結果が得られない場合の落胆は計り知れない。

もし、1000時間の英語学習を達成した際に、ほとんど成果が得られなかった場合、その後の英語学習を継続することが果たしてできるでしょうか?

過度の期待というものは非常に危険なものです。今回は、英語学習を1000時間継続することで得られる成果について、考察してみたいと思います。そして、現実を受け止めて、英語学習に役立てましょう。

テーマは2つです。
1000時間でできること、できないこと
1000時間がもたらす成果

Advertisement

1. 1000時間でできること、できないこと

1000 Hours Is Not Enough

1000時間の英語学習を終えた場合に期待される成果は、
中級者レベルの英語能力
ブレイクスルーの初体験
と言われています。

ブレイクスルーについては、中級者のレベルに本当に達するのであれば、初級者を脱するわけですから必然的に味わうことになります。

ここでは、1000時間の英語学習でどの程度のことがこなせるかという時間的な視点で考察したいと思います。学校教育において、英語に関連しない一般的なコースの高校を卒業した場合に中学校入学から高校卒業までの6年間で751.1時間以上の英語の授業を受けることとなります。

一見すると1000時間で、高校卒業程度の英語学習時間を費やすことになるため、中級者レベルに十分達しているように思われます。たしかにCEFRにおいても、高校卒業程度であればB1~B2に相当するため、中級者レベルであるという考えは間違いではありません。

しかし、CEFRでは英検2級に合格してギリギリ中級者レベル(B1.1)にひっかかるというものであり、英検準1級に合格して、初めてB2.1つまり中級者レベルの中間に位置することになります。

改めて先ほど示した751.1時間について考えてみると、この時間は学校の授業時間しか含まれていません。つまり、宿題や自主学習、テスト勉強、受験勉強などの時間が一切含まれていないのです。

果たして、授業を聞くだけで英文法を理解して、8000語以上の英単語(英検準1級合格レベル)を暗記することができるのでしょうか?もちろん、できるはずがありません。

では、授業以外の学習時間を考慮すると実際はどの程度まで英語学習を進めたことになるのでしょうか?もちろん、人によって授業以外での学習時間にはバラツキが生じます。そこで、ベネッセ教育総合研究所が2015年に発表した「第5回学習基本調査」データブック(https://berd.benesse.jp/shotouchutou/research/detail1.php?id=4801)のデータを用いて、平均値からある程度予測したいと思います。

このデータでは、平日における中学生の平均学習時間(授業を除く)が2015年では、90.0分となっています。その内、宿題に有する平均時間は45.3分です。ここで、単純に1/5が英語学習に費やされていると仮定した場合、3年間で約300時間となります。

しかし、ここで注意すべき点は土日祝日と長期休みが含まれていない点です。中学3年生になれば受験も控えていますから、単純に考えてもこの1.5倍から2倍の時間は学習していることになります。そうなると、中学生3年間の英語授業が平均317時間であることから、1000時間という学習時間は高校受験を終えた中学生の一般学生レベルということになります。

ここで注意すべき点は、あくまで一般の平均レベルということです。つまり、難関高校の試験に合格できるレベルには達しないということです。

実際、私も1000時間の学習を終えた時点で、同程度の問題量をこなしています。高校英語に足を少し踏み入れてはいますが、中学英語を十分にやりつくした状態ではなく、まだまだ取りこぼしや残っている教材がたくさんある状態でした。

私の経験も含め、1000時間の英語学習を終えた時点で、一般的な高校1年生の英語能力と同程度になると考えて差し支えないと思います。つまり、中級者レベルには、まだまだほど遠いという現実があるわけです。このことを理解した上で学習を進めなければ、淡い期待が返って身を滅ぼす危険性を持つため、十分に注意が必要だと思います。

Advertisement

2. 1000時間がもたらす成果

1000 Hours Of Achievement

次に1000時間を終えた後に、実際に得られる成果について私の経験も踏まえた考えを述べたいと思います。まず、英語学習初心者にとっては、1番の成果が毎日3時間の英語学習を1年間近く続けることができたということになります。

この時点で、「毎日3時間の英語学習を行う」という習慣を得たことになります。また、それに伴い英語への苦手意識は完全になくなっているはずです。なぜなら、苦手意識がある状態でこんなにも長い時間、英語学習を継続することができるはずがないからです。

これは、どこかの時点で「英語に対する苦手意識」が「英語に対する自信」に変化したからに他なりません。つまり、「英語の苦手意識」という目の前に立ちはだかる大きな壁を破壊して、「英語に対する自信」へと変貌したわけですから、これこそブレイクスルーといっても過言ではないでしょう。

そして、「今までこんなことも分からなかったのか」ということを分かるでしょう。英語を苦手とする人は、多くの場合は「何が分からないか分からない」というお手上げ状態から英語学習を再開しているはずです。また、自学自習で学習を行うわけですから学校の授業のように分からないままで次に進むということがありません。そのため、1つずつ分からないことを分かるに変えて、学習を継続してきたはずです。これにより、今まで分からなかったことが切り崩されていき、目の前がぱっと明るくなっているはずです。

しかし、この目の前の霧が晴れたことで次なる問題が見えてきます。これも1つの成果にあたるのですが、「まだまだ分からないことが山のようにある」ということを実感するということです。如何に1000時間を目標とした英語学習が「井の中の蛙」状態であったかを身をもって実感するはずです。

また、後ろを振り返ると中学英語に対する大きな枠組みでの理解は十分になされているものの、細かい部分についてはまだまだ穴があることも実感できるでしょう。

まるで不安をあおるようなことを書いていますが、この状況に立ったとき、そのような不安は起こらないと思います。なぜなら、視界が鮮明になり、自分に足りないものが明確化され、次の英語学習に対して迷いなく取り組むことができるためです。

英語学習において、最も不安になることは、今の自分の立ち位置がはっきりしない状態、つまり、何が分からないか分からない、何をどうすれば今の状況を打開できるのか分からないという動こうにも動けない状態におちいるなのです。

1000時間という英語学習時間は全体で見ればたいした時間ではないものの、英語学習初心者が得る成果としては、とても大きなものになります。

この1000時間を乗り越えたという事実がこの後の英語学習の継続を容易にするだけでなく、挫折する可能性を極端に減らしてくれるのです。そういった面では、中級者レベルに達したことになるのかもしれません。