高校英語に備えて、基本的な単語を覚えて心にゆとりを

高校英語に備えて、基本的な単語を覚えて心にゆとりを

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

高校英語と聞くと「難しい」というイメージが頭をよぎる人が多いのではないでしょうか?中学英語の基礎をしっかりおさえた後であっても、このイメージは頭から離れることなく、高校英語へ取り組む最初の取っ掛かり時に大きな障害、プレッシャーとなることでしょう。

特に、英語を苦手てとしている人にとっては、高校英語は嫌悪感を生みやすいです。なぜ、これほどまでに高校英語に嫌悪感を感じるのでしょうか?

その大きな要因として、「高校英語=大学受験=難しい」という構図ができてしまっているからではないでしょうか?では、高校英語をセンター試験までで区切れば、少し気持ちが緩和されるはずです。

しかしそもそもの間違いとして、これから大学受験に向けて英語を学習するという目的の元、英語学習をするわけではないのですから、そのイメージを持つこと自体がおかしいわけです。わざわざ、嫌悪感を生むようなことをイメージする必要は、まったくないはずです。

もし、この記事を読んでいる学生の方がいるとすれば、その人たちも大学受験に焦点を合わせるのではなく、生きた英語(話せる英語)に焦点を合わせた方がよいでしょう。みなさんの最終目的は大学進学ではなく、就職であるはずです。

今のこのグローバル社会で、もはや点を取るだけの英語を求めている場所など、高校受験、大学受験程度です。その大学受験ですら、英語4技能を重視する方向へ移行しつつあります。もし、まだスコアーに固執しているような企業があるのであれば、その企業はすでに先が見えています。

結局、英語はコミュニケーションの道具に過ぎないのです。英語を学問として捉えるのではなく、実用性のある技術・能力として捉えた方がきっとみなさんの人生を豊かにすることでしょう。

そうなると大切なことは、いかに中学英語から高校英語にスムーズに移行するかということになります。このスムーズにという意味は、苦痛を伴わず、モチベーションを維持できるということです。スムーズに移行が行えることで、どれほど効率的に英語学習が行えるかは、私の実体験を見ていただければ分かると思います。

今回は、「高校英文法に入る前に基本的な高校英単語を覚える」ということについて説明します。この前処理をすることで、変に意識することなく、スムーズに高校英文法(高校英語)に突入することができます。テーマは2つです。
高校文法より高校英単語が先
事前準備がものをいう高校英語

Advertisement

1. 高校文法より高校英単語が先

High School English Preparation Is Important

高校英語に取り掛かる上で、まず最初に問題となることは、高校英文法だと思っている人がたくさんいることでしょう。この考えは、間違いではありませんがその高校英文法を学習するためには、高校英文法書を読まなければなりません。

何を当たり前のことをいっているのかと思うかもしれませんが、重要なことです。高校英文法は、中学英文法が基本となっています。そのため、目新しいことは少なく、中学英文法をしっかりおえていれば、嫌悪感はそれほど生まれないはずなのです。

しかし、実際には中学まで英語が得意だったにもかかわらず、高校英文法を習い始めると急に難しくなり、挫折する人が数多く出てきます。

高校英文法では覚えることがたくさんあり、混乱を招くためという意見もあるでしょう。しかし、これらの知識は問題をたくさんこなしているうちに、少しずつ記憶として定着されていくはずです。

問題となる部分はそこではなく、そもそもそれ以前として、英文法書に書かれている例文がスムーズに読めないという理由があげられます。

文法を勉強しているはずが、いつの間にか例文に出てくる新しい単語の意味を辞書で調べていたという状況におちいり、ただでさえ分厚い英文法書が辞書を引くことで一向に進む気配がない状況におちいり、これが嫌悪感を生み、「高校英文法=一向に進まない=難しい」という構図を頭の中に作ってしまうのです。

しかし、この状況が起こることはごくごく自然なことです。それは、高校英文法を説明する上で、中学英語単語だけでは分かりやすい例文が構築できないからです。そのため、高校英文法書では高校英単語を使うしかないのです。

では、どれくらい語彙力が上がるのでしょうか?結論をいうと急激に上がります。

大学受験においていえば、難関大学を受験する場合に最低でも中学英単語の5倍以上の量を覚えなければなりません。高校英文法書では、ここまではいかないものの、それでも分からない単語の方が多い状況になります。そんな中で、英文法と英単語の両方を同時に学習することは、苦痛以外の何者でもないはずです。

毎日10ページから20ページの英文法書を読むとした場合に、例文1つに付き、辞書を引く回数が多くても2回から3回程度、全体で10回程度でなければ、それこそ英文法を勉強しているのか英単語を勉強しているのか分からない状況になりますし、とてつもない苦痛を味わうことでしょう。

また、このような状況ではとてもではありませんが、英文法の知識が頭に入ってこないはずです。つまり、学習時間の無駄が生じるということです。理想をいえば、英文法だけに集中することができる状況を作り出すということです。

特に初見の単語が文法書にたくさん並ぶと嫌気がさします。これが「見たことはあるが、意味を忘れてしまった」という状況であれば、精神的苦痛はかなり軽減され、辞書を引く分にも苦痛とは思わないはずです。また、その忘れてしまった単語の実用例を目の当たりにするわけですからたいへん有意義な学習となり、一石二鳥にもなります。

Advertisement

2. 事前準備がものをいう高校英語

High School English Word Priority

単語を覚えるためには、長い時間を有します。ここは、事実を素直に受け入れることが必要です。

書店やインターネットでは、短時間で覚えれるとうたっているものが数多くありますが、全くのウソです。そんな都合のよい方法があるのであれば、日本人全員が実践していることでしょう。

例えば、Googleで検索すると「英単語 覚え方 短時間」などのキーワードが出ててきますが、受験生が直前になって慌てている光景が目に浮かぶはずです。

目安として、ある程度の記憶の定着も視野に入れると、3ヶ月から4ヶ月で、2000語から3000語程度の語彙力アップが妥当、むしろかなり時間をかけて行う方法(1日に1時間から2時間を毎日)で早い方です。このことを念頭に入れて、正しい英語学習の計画を立てることが重要です。

そもそも、1日に100個の単語が覚えられるのであれば、学校や塾、家庭教師の存在意義がないはずです。例えば、中学卒業程度とされる英検3級(実用英語技能検定)に求められる語彙数が、1250から2100語程度とされています。これらをみなさんは、3年間かけて覚えるわけですが、1日に100個の単語が覚えられるのであれば、3週間で覚えてしまうことになり、もしこれが可能であれば、英語教員は今すぐ全員を首にすべきでしょう。

また、冷静に考えれば、化学や歴史などに出てくる元素や人物名を1日に100個も覚えられるということにもなります。こんなことは到底無理であることはみなさん、分かっているはずです。もし可能であれば、定期試験は全員が100点を取れます。もし仮に、好きな芸能人やアニメのキャラクターの名前であったとしても、1日に100人も覚えられないでしょう。

そのため、中学英語の学習が全て終わってから、高校英語の語彙力アップ(ボキャビル)に取り組もうと考えているようでは、到底間に合わないのです。

仮に、みなさんが標準的な中学英単語を覚えているとして、英文法書がセンター試験レベルの語彙力を想定していた場合、新たに2000語から3000語程度の英単語を覚える必要があります。

そのためには、高校英文法(高校英語)に取り組む数ヶ月前からボキャビルを開始しておかないと間に合いません。もし、中学英語の学習が終わってから語彙力アップを行おうとした場合、他の英語学習が数ヶ月遅れることとなり、毎日がボキャビルに費やされるため、英語学習のモチベーションが急激に落ちることでしょう。

特に、英語学習初心者や英語を苦手としている人にとって、ボキャビルは苦痛だと思いますので、かならず早めに取り掛かりましょう。