英単語の暗記、英語学習初心者は苦痛を避けること

英単語の暗記、英語学習初心者は苦痛を避けること

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

英語学習を進めていく上で英単語を暗記する、つまり語彙力強化(ボキャビル)は避けて通れない道です。そして、このボキャビルは英語学習初心者を苦しめる茨の道です。

多くの英語学習者がボキャビルに対して、苦痛を伴うといいます。しかし、英語学習初心者が味わう苦痛は、これとは別の学習手順の間違いによって引き起こされた苦痛である可能性が高いのです。

そもそも、英語学習初心者は想像力が豊かで間違ったイメージが先行しているケースが多いです。単語の記憶もその1つです。

単語の意味を覚えたとは、一体どのような状態なのでしょうか?そもそも英語を日本語に翻訳しているため、1つの英単語が複数の日本語訳を持っているという状態はよく起こり得ます。これら全ての単語を覚えたときに、始めて単語を覚えたといえるのでしょうか?また、日本語の意味を記憶しただけで、その単語を理解したと言い切れるのでしょうか?

英語学習初心者と上級者では、その英語力のレベルも英語に対する視点も違ってきます。英語学習初心者がいきなり、上級者の真似事をしてもうまくいくわけがありません。正しい知識を獲得することで、英語学習に生かしましょう。

今回は、英語学習初心者が単語を覚えるために気をつけるべき点を説明したいと思います。テーマは以下の2つです。
語彙強化をする上で注意すべきこと
英語学習初心者の英単語の暗記方法

Advertisement

1. 語彙強化をする上で注意すべきこと

For Building Vocabulary

まず、初心者が注意すべき点は、どのような状態が単語を覚えたという状態であるかということです。あくまで「初心者が」という点が重要です。

初心者に求められる最終的なレベルは、瞬間的に代表的な単語の意味が1つ思い浮かぶ状態です。決して、複数ある全ての意味が思い浮かぶ状態ではないのです。

さらにこれは、使いこなせるという話ではありません。使いこなせるとは、英語脳になっている状態で、そもそも英語を英語として理解するため、日本語訳すら頭に思い浮かばないのです。

また、最初の段階ではこのレベルですら、英語学習初心者には求められません。なぜなら、初心者が最初に習う単語が、基礎単語だからです。

実は、基礎単語の方が他の単語よりも多くの日本語訳を持っているケースが多いのです。そのため、本質となる単語の意味も複数存在してしまい、覚える数が多くなります。そして、基礎単語ということで、英文法と密接な関係も持っており、英文法を理解しない限り、基礎単語の理解度が高まらないというジレンマが発生する場合があるのです。

本来語彙力とは、永続的に記憶されるとともに瞬発力を有することが条件となります。テスト前などに一時的に記憶して覚えた単語は、語彙力とはいえないのです。

再度述べますが、英語学習初心者には、ボキャビルという単語に特化した学習は必要ありません。それは、中学英語を学習している内に、自然と中学卒業程度、英検3級に求められる語彙数である1250から2100語程度の語彙力が身に付くからです。ここまで理解すると英語学習初心者にとって、単語を覚えるという行為自体がたいした苦痛にならないことが分かることでしょう。

では、いつ本格的なボキャビルを始めるべきなのかというも、みなさん気になってくることでしょう。結論を述べると本格的なボキャビルは、英文法を一通り全て理解した段階からで大丈夫です。

つまり、4000から5000語程度の基礎単語を習得した後に、計画的なボキャビルを始めても問題ないということです。これは、高校卒業程度、英検2級に求められる語彙力になります。

そして、ボキャビルを行う際は同レベルの複数の単語集、問題集を使うことが有効になります。なぜなら、単語集、問題集には1つの文章に対して、1つの単語に対して1つの意味しか登場しないからです。

これは1つの単語集、問題集では、1つの単語に対して1つの意味しか使い方を理解できないことを意味し、他の意味の使い道は理解できないことを意味するのです。つまり、複数の単語集、問題集を使うとさまざまな文、文脈の中で、同じ単語のいろいろな意味・使い方に触れることができるということです。

しかし、さきほども述べましたが、初心者は身構えてボキャビルを行う必要はありません。

Advertisement

2. 英語学習初心者の英単語の暗記方法

How To Memorize English Words For Beginners

では、具体的に英語学習初心者はどのように英単語を覚えればよいのでしょうか?

まず、中学英語を学習する上で考えられる英語学習法は、基本的に
単語帳を使って単語を覚える
英文法書を使って文法を覚える
問題集を使って英語力を高める
の3つが思い浮かぶと思います。

まず、「単語帳を使って単語を覚える」という行為ですが、英語学習初心者にとって淡々と単語だけを覚えるという行為は楽しくなく、苦痛を伴います。

では、「英文法書を使って文法を覚える」という行為であれば、英語学習初心者にとって楽しいことになるのかということになります。しかし、理屈が並ぶ英文法をひたすら長い時間をかけて理解することは単語を覚える以上にたいへんで苦痛を伴います。

一番達成感を味わえ、楽しい部分は、「問題集を使って英語力を高める」学習法で、その中でも1文を対象とした、穴埋めや並び替えといった簡単な問題がサクサク解けて楽しいことでしょう。

では、どうすればよいのかということになります。「語彙力」も「英文法」も重要であり、この2つがなければそもそも問題が解けないことは、みなさんも実感していることでしょう。

やらなければいけないけれども、苦痛は伴いたくない。矛盾が生じます。そこで、最小限の苦痛で済む方法を取ることが、もっとも楽で楽しいはずです。つまり、苦痛を伴う時間を短くする、厳密には分散すればよいのです。

先にも説明しましたが、英語学習初心者には本格的なボキャビルは必要ありません。なぜならば、長時間の苦痛にいきなり耐えられないからです。そのため、基本となる単語の意味をざっくりと覚えて、すぐに中学英文法に取り組めばよいのです。

実は英文法で苦痛を伴う理由がいつまで経っても一冊の英文法書が終わらないことが理由に上げられます。そして、この一冊がなかなか終わらない原因の一番の理由が、例文の単語の意味が一目見て分からないからなのです。

英文法を学習しているはずが、いつの間にか分からない単語の意味を辞書で引いており、一向に前に進まない英文法書に嫌気が差すのです。

例文がスムーズに読めれば、苦痛の大半は軽減されるはずです。そして、英文法書自体もさっと流してしまい、問題集に取り掛かるのです。

それでは、英語の理解力が疎かになると考える人もいると思います。そこで、中学英文法が一通り終わった後に、再度単語の見直しを行うのです。なぜ、そのような二度手間を行うのかと思うかもしれませんが、最初の段階でざっくり単語を覚えただけということもありますが、何よりも中学英文法が一通り勉強したことで、「品詞」や「5文型」の知識が高まっていることが重要なのです。これにより、再度単語を見直し際に新たな発見に触れることができ、英語を楽しめ、語彙力も高まるのです。

英語学習初心者は、とにかく少しでも達成感を味わうことが重要です。そのためには、長期の苦痛の時間を発生させるのではなく、どんどん次のステップに進むことが求められます。

結論をまとめると、センター試験レベルに達するまでは、本格的なボキャビルをやることは避け、苦痛を伴い挫折しやすい状況を回避するということです。もちろん、要所要所で最低限の単語の暗記は必要になります。

また、中学英語と高校センター試験までの問題集は、世の中に安価で溢れています。この状況を利用して、とにかく問題をたくさん解きながら知識を深め、達成感を味わいつつ挫折しにくい環境を構築することが重要なのです。