自学自習!英語学習の落とし穴は学校教育の呪縛

自学自習!英語学習の落とし穴は学校教育の呪縛

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

みなさんは義務教育の下、学校に毎日通っている、もしくは通っていたことでしょう。しかし、長い時間、毎日毎日勉強しているにもかかわらず、結局何も見に付いていないと思うことがありませんか?これは学校の指導が悪いのでしょうか?みなさんの努力が足りないのでしょうか?

中には学校の授業以外に塾に行ったり、家庭教師を雇ったりする人もいます。学校の授業だけでは、不十分なのでしょうか?

日本人は、他の国の人々と比べて集団心理が働きやすい民族です。そのため、学生時代は何も疑問に浮かばずに学校に通っていた人も多いはずです。最近は、グローバル化に伴い、随分と頭が柔軟になってきましたが、それでもまだ十分とは言えないはずです。

英語教育においても、2020年に小学校高学年からの英語教育の義務化が始まります。これは、今までの英語教育が間違っていたということなのでしょうか?

今も多くの学生が毎日学校で勉強し、就職した後、社会を支えているわけですから、全てが間違っているということはいえないでしょう。しかし、教育方針が定期的に改善されていることも事実である以上、教育方針が完璧ではないことを証明し続けているともいえます。そこで今回は、英語学習を行う上で、学校教育について考えたいと思います。

学校教育について考えることで、私のように英語克服のきっかけになれば、幸いです。

テーマは、以下の2つです。
学校教育における英語とは
自学自習に影響をあたえる学校教育

Advertisement

1. 学校教育における英語とは

School Education For English

みなさんは、中学校と高校で英語を学んでいる、もしくは学んだはずです。

その中、文部科学省が出している「学習指導要領」というものに則って、学校では教員がみなさんに授業を行っています。そのため、全国の学生が同じ内容、同じ水準で教育を受けることができます。

もちろん、進学校のようなハイレベルな学校では、より難解な問題を解いていることでしょう。しかし、習う内容自体が変わるわけではありません。

では、この「学習指導要領」は、私たちにどのようなメリットをあたえ、デメリットをあたえるのでしょうか?

メリットは、もちろん同じ水準で教育を受けられるということです。

日本人は当たり前のように思っているかもしれませんが、これはすごいことなのです。例えば、フィリピンでは高校までが義務教育となっています。しかし、実態は学校に通っていない子供がたくさんいます。それは、経済的な理由からです。

識字率を見ても日本は99.0%に対して、フィリピンは95.7%です。如何に、日本人が高い水準で教育を受かられているかが、分かることでしょう。

しかし、日本人全員が一律して平等な教育を受けているわけではありません。気が付いている人がいるかも知れませんが、社会経済的背景が高い子供の方が、
各教科の平均正答率が高い傾向にある
のです。つまり、あくまで平均ですが、お金持ちの子供の方が頭がよい傾向にあるということです。

先で書いた塾や家庭教師だけの問題ではありません。

例えば、英語学習の例を上げて考えて見ましょう。

子供をバイリンガル(日本語と英語が流暢に話せること)にするためには、3才までに英語学習を始めなければならないと言われています。

では、日本国民全員が生まれてすぐに赤ちゃんを毎日、英会話教室に通わせることができるでしょうか?もちろん、無理な家庭もたくさんあることでしょう。この例から考えても、社会経済的背景の格差が日本にも存在することを意味します。

ただ、顕著に現れていないため、気付かない人が多いだけです。

これに対して、フィリピンの場合は社会経済的背景の格差が顕著に現れます。お金がなければ大学にいけないのです。そして、大学にいけなければ職にも就けないのです。

では、話を戻します。

高い教育水準を持つ日本ですが、「学習指導要領」によるデメリットは何でしょうか?先ほど述べた社会経済的背景による格差でしょうか?違います。なぜなら、日本では社会経済的背景の格差が小さいからです。

では「学習指導要領」によるデメリットが大きいのでしょうか?もちろん、それもありますが、「学校教育」そのものもデメリットを持っています

まず、「学習指導要領」が持つデメリットとしては、教える内容が予め決められていることによる制約として、
授業数が決まっている
単元で分かれている
教えるレベルが定められている
教科全体を満遍なく教える
があります。

授業数が決まっている
1日は24時間です。つまり、学校の授業時間数も決まっています。つまり、予め定められた授業時間以上も以下も教えることができないのです。

無駄がないといえば聞こえは良いですが、これは生徒や学生が興味を持つような内容を教員が個人の采配で付与することが難しいことを意味します。

単元で分かれている
1回の授業時間が決まっている以上、教科書を細切れして教える内容を細分化しなければいけません。しかし、本来であれば教育とは時間によって区分けされるようなものでありません。もちろん、細分化された内容が分かりやすいはずがありません。

教えるレベルが定められている
あくまでクラス全体に教育を施す上で、最適な方法を行っているわけです。つまり、個々は見ていません。

結果として、授業でつまずいた子にとっては自力で追いつかない限り置いて行かれますし、すぐに理解できる子にとってはつまらない授業となることでしょう。

教科全体を満遍なく教える
義務教育とは、実践ですぐ使えるような知識を教えるものではありません。高校、大学と進学していく中で、将来の選択肢をできるだけ絞らせないように、満遍なく教育を施す場所です。

つまり、将来就職して、まったく使わない知識もあれば、もっと勉強しておけばよかったという知識も出てくるわけで、無駄も多いということです。

そして、「学校教育」そのものが持つデメリットですが、、大きいものには以下の2つがあります。
時間割がある
教員の能力差

時間割がある
一言で言えば、1つの教科に集中できないということです。将来性を考えた場合、満遍なく毎日多くの科目を習うことが有効であることは間違いありませんが、1つに絞った方が効率がいいことは、みなさんも経験からおわかりかと思います。

事実、予習復習において得意科目と苦手科目で費やしている時間にムラが出ていることや、テスト前に一部の教科を捨てるなどという行為を取っている生徒・学生がいる時点で、効率的とはいえないでしょう。

教員の能力差
これも、致し方がないことですが、新人とベテランの教員で能力は違います。特にその科目が苦手な子に対するアフターケアーは、ベテランの方が上手いことでしょう。また、教わる側からしてもベテランの方が信用できます。

このような問題を補うために、塾や家庭教師があるわけですが、実は塾や家庭教師もこれらの制約を受けています。学校のテストや入試で良い点を取ることが目的なのですが、当たり前といえば当たり前です。

ただ、その制約の上で、個々にあった効率的な学習指導を行うわけですから成果が出るのです。「学校教育」が教室というグループに対して、塾や家庭教師が個別指導を行う点がもっとも大きなメリットです。

では、受験勉強から解放されて、自主的に英語学習を始める人には、この方法があっているといえるのでしょうか?いえ、きっと学校教育の呪縛が残っていることでしょう。

Advertisement

2. 自学自習に影響をあたえる学校教育

Influence On SelfStudy

英語学習を行う上で、学校教育の呪縛としてもっとも怖いものが、テスト勉強で身についた学習法です。

テストは、定期的に行われます。そして、テスト範囲が絞られるわけです。それに加えて、各科目に単元が存在します。

英語学習において、この単元にこだわってしまうとそれぞれの単元がどのような関連性を持って、一つとなっているのかが見えなくなるのです。その結果、応用が効かないだけでなく、単元ごとに時間を分けて勉強することで遠回りをしてしまうのです。

さらに英語は、英語という1教科だけではなく、高校に入学すると複数教科に分かれます。その弊害として、自学自習の際も分野ごとに分けて考えてしまうのです。

このように分けて勉強することは、決して悪いことではありません。むしろ、効率が良いからこそ、学校教育で実施されているのです。

問題となる理由は、最後にそれら単元が合流しない点です。本来、これらの基礎的な部分は、大学に入学して授業を受けるうちに合流し、実践的な学習や研究などを通して、応用へと昇華されるはずなのです。

しかし、それらは各大学、各学科ごとで何を専攻するかによって、1つ合流する教科が違ってきます。少なくとも理系の大学に進学して、英語が1つにまとまり昇華するほどの授業や研究がなされることはないでしょう。

しかし、この問題があることを常に頭の片隅に置いて、英語学習を行う上で今の考えが正しいのか再確認すれば怖がることはないでしょう。

最後に「学校教育の呪縛」を3つにまとめると、

何年もかけて行ってきた学生時代の学習法は、絶対に正しい
 → 常に学習法の見直しが必要がある

頻出度は関係なく、全てをフラットに完璧に覚える必要がある
 → 頻出度が高いものは実践的なものである可能性がある

単元ごとに、分野ごとに分けて理解し、覚えることが全てである

 → 応用力を身につけるためには1つにまとめる必要がある

となります。