脱却!英語コンプレックスと発音コンプレックス

脱却!英語コンプレックスと発音コンプレックス

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

みなさん、英語に対するコンプレックスと同時に、英語の発音に対してもコンプレックスを持っている人は多いのではないでしょうか?

特に中年以降の人は、中学時代に十分な発音練習をしていないことはもちろんのこと、授業中にちょっと英語らしく発音すると周りから冷やかされて、それ以来人前では日本語英語(カタカナ英語)しか話さなくなった人もいるのではないでしょう。

今回は、英語の発音に対するコンプレックスを克服することが、英語に対するコンプレックスの克服のきっかけにも繋がることを説明します。

今回のテーマは以下の通りです。
発音が正確にできないことのデメリット
発音の改善によるメリット

Advertisement

1. 発音が正確にできないことのデメリット

Can Not Pronounce Correctly

カタカナ英語は、ネイティブにとってストレスになっていることを知っていますか?

英語はコミュニケーションであることから、相手に伝わりさえすればよいという考えを持っている人がいますが、これが間違いなのです。なぜなら、英語の母音や子音が正しく発声できていない場合、聞き手(ネイティブ)にとっては苦痛を伴い、大きなストレスになるからです。

では、なぜネイティブはカタカナ英語を根気良く聞いてくれるのでしょうか?それは、語学学校での講師と生徒の関係など、どうしても下手な英語(カタカナ英語)を聞かなければならない立場にあるからです。

つまり、それは義務であり、休憩時間などの義務が発生しな場合においては、その人は日本人とは積極的にかかわろうとしないのです。その結果、カタカナ英語でしか話せない日本人は英語で話す機会をなくすことになるのです。

中には、カタカナ英語でもネイティブが話しかけてくれるという人もいるでしょう。しかし、この場合はネイティブにとってその人としゃべることにメリットがあるからです。

つまり、その日本人のトークがおもしろかったり、日本の文化や経済についての話でためになったりするからです。ただし、ネイティブが苦痛を伴っていることには違いはないのです。

もし、正しい発音ができれば、より多くのネイティブの人たちがあなたに近寄ってきて、楽しい会話をしてくれることでしょう。その結果、より効率的に英語能力の向上が図れるでしょう。

次に他の外国人の訛りについてです。

ときどき、他の国の人の英語(特にノンネイティブ)について、聞き取りにくいという方がいますが、これはあくまで「訛り」です。訛りは、「聞き取りにくい」のであって、「聞き取れない」わけではないのです。日本人のカタカタ英語は、もはや「訛り」ではなく、別の言語となってしまっており「聞き取れない」のです。

しかし、日本人は「英語発音コンプレックス」を多くの方が持っているため、よりネイティブに近づけるための努力をする方がたくさんいます。事実、若い世代では大幅な改善が見られ、現在では海外においても高い評価を得ています。

これに対して、昔の日本と同じ時代を歩んでいるのが中国人です。彼らは、海外の語学学校へ来ても普段の休憩時間などでは中国語を話し、授業では聞き取れない発音を行います。また、その間違った発音を直すつもりもありません。それは、中国人同士ではその間違った英語で会話が成立するからです。

また、すごい数の中国人が同じ場所に滞在しており、中国語で生活できてしまいます。当初の目的である英語学習を完全に忘れている状態です。まさに、一昔前の日本人です。

もちろん、中にはすごく綺麗な英語を話す中国人もいます。しかし、フィリピンでは、日本人、韓国人、中国人がともに英語のレベルが低いことは周知の事実です。これは、正規留学や語学留学ビジネス自体が英語の低レベル者をターゲットにしているためです。

もし、みなさんが中国人と英語で話す機会があったら、会話をしてみて下さい。大変苦痛を伴うことが分かると思います。そうすることで、自分自身が発音の必要性を身をもって体験することになるでしょう。

Advertisement

2. 発音の改善によるメリット

Improving Pronunciation

では、発音の改善はいつ始めるべきなのでしょうか?

それは最初です。

英語には、日本語にない音があります。もちろん、逆もあります。しかし、このことを理解せずにカタカナ英語を代用していると、多くの弊害ができます。つまり、発音がカタカナ英語のままでは、英語学習が大変非効率になるのです。

なぜなら、発音がボキャビル(単語の暗記)とリスニングに直接関係するからです。この2つは、英語の基本であり、その出だしからつまずくということは、英語全体の能力向上の足かせとなるのです。

まず、ボキャビルについてです。稀にカタカナ英語でも読み書きはできるという人がいますが、よく考えてみてください。

無駄な暗記をしていませんか?lかrかで迷わないようにたくさん書いて単語を覚えていませんか?

これは、単語の意味とスペル(文字の形)が完全一致する作業を単語ごとに行っているわけですから、大変な努力がいります。しかも、最終的に2万語を超える単語を覚えなければならないわけですから、この方法では苦痛ではないですか?

私たちが日本語で新しい単語を覚えるときには、音から入りますよね?それと同じです。音さえ覚えればひらがなであれば簡単に書くことができますよね。

つまり、新しい単語は音で覚え、そこからひらがなへ変換するだけの単純作業で十分であり、文字の形自体を覚える必要はないのです。

しかし、カタカナ英語では、音を覚えた後に、漢字(文字の形)を覚えて、音と漢字をセットで暗記しているようなものなのです。国語の漢字の勉強ではないのですから無駄な作業です。ときに日本人の中、この勉強方法であっても苦痛を感じない人がいますが、無駄な作業にはかわりがありません。

英語の発音をしっかりマスターして、この無駄な学習から解放されるべきなのです。

また、リスニングにおいても、カタカナ英語は悪影響をおよぼします。

なぜなら、脳は知らない音(英語)を聞くと、言語として認識できず、「雑音」として聞こえるからです。そのため、言葉として認識することができず、前後の単語や文章から「類推」を始めることになります。

日本語においても本当の雑音などで、聞き取れない場合、類推が行われます。しかし、これは極稀なことです。しかし、カタカナ英語で英語を学習すると聞き取れない「雑音」が数多く生じ、常に「類推」作業を行うはめになります。これは、脳にたいへん大きな負担がかかります。また、「類推」が多すぎると判断材料が少なくなりすぎて、そもそもの会話の内容自体が理解できなくなるのです。

すべての英語が理解できるようにすることで、脳の負担を減らすとともに、最終的に類推なしで英語の会話を理解できるようにするべきです。

つまり、次のような英語学習ループを実現することが、結果として少ない労力で効率的な成果を得ることに繋がるのです。

English Learning Loop

最後に、「発音をどこまで極めるか」という問題が残ります。最低ラインとしては、ネイティブが訛りとして判断してくれることになります。

それ以降は、自己満足のレベルとも言えるかもしれません。

そもそも、イギリス英語の発音にするかアメリカ英語の発音にするかという問題があります。イギリス英語が最も綺麗で格式があるという人もいますが、必ずしもそのようなことはありませんし、私たち日本人はアメリカ英語で学生時代は英語を勉強します。かといって、アメリカ英語の発音学習をすることがベストともいいきれません。それは、それぞれ個人の目的によって違ってくるからです。

リスニングの強化においても、その国々で訛りが存在するために、多くの外国人と話すことが最終的には重要になってきます。そのため、発音を極めるといってもスタンダードが存在しないのです。

資格勉強をしていたら分かりますが、結局、イギリス英語とアメリカ英語のどちらの発音も最終的には必要となってきます。なぜなら、IELTSがイギリス英語、TOEICがアメリカ英語、英検がアメリカ英語を用いるからです。