英語学習、英語の上達は常に音読とともに

英語学習、英語の上達は常に音読とともに

ブログ「DIY English」の制作者「大葉かむ」です。

みなさん、音読について考えたことはありますか?小学校の国語授業の時間に声を出して、教科書を読みましたよね。でも、中学生になると思春期を向かえ、声を出して本を読むことを恥ずかしく思った人もいるのではないですか?

英語(英語学習)において、語彙力と英文法は、基礎知識の大事な部分に位置します。これに対して、音読はこれらの基礎知識を実践に使えるレベルに昇華する、やはり大事な部分に位置します。

スポーツで例えると語彙力が基本のフォーム、英文法がそのスポーツのルールといったところでしょう。音読は、日々の部活動にあたり、試合に向けて実践レベルに引き上げる作業となります。

つまり、音読は英語全体に影響を及ぼす重要な勉強法なのです。特にボキャビル(語彙力強化)との相性がよく、英語教材もボキャビルに使用した後に音読パッケージ(音読の勉強)に流用することが可能なほどです。

しかし、英語学習初心者が音読パッケージをいきなり行う必要はありません。重要なことは、日々の英語学習において声を出して読み上げるという作業を加えるということです。

本来音読パッケージには、英文の音声の後(一文の後)にポーズを入れて、自分で同じ英文を声に出すリピーティングや、英文の音声のすぐ後をトレースするように追従して声に出すシャドーイングなど、いろいろな学習法があります。

しかし、これらはかなりの英語能力を必要とするため、英語学習初心者ではすぐに挫折してしまいます。このことから、英語学習初心者は音読パッケージを行う必要はないどころか、しないほうがよいかもしれません。

また英語学習初心者は、まずボキャビルや英文法を学ぶことが重要視されます。そのため、音読パッケージにまで時間を割くこと自体がそもそも難しいはずです。

そこで、普段のボキャビルや英文法の学習において、声を出すという単純で時間も取らない手法を用いることで、余計な負荷もなく効果的に成果を出す方法をおすすめします。私もこの方法で、英語学習を成功へと導くことができました。

今回のテーマは2つです。
声を出してあなたの口を活性化
ちょっとかっこいい自分でありたい

Advertisement

1. 声を出してあなたの口を活性化

Revitalize Your Mouth

みなさんは、英語学習の最初に基本の発音訓練を終えていると思います。もし、まだ発音訓練に取り掛かっていないという方は、今の英語学習よりも先に発音訓練を優先されることをおすすめします。

発音は、英語の基本というより、むしろ言語の基本であり、発音が正しく行えない場合は将来行き詰るだけでなく、今行っている英語学習の効率も大幅に落とすことになります。

その理由を一言でいうと、「正しく発音できない音は、聞き取れない」からです。つまり、発音ができない人は、すでに英語の半分を挫折する未来が見えているのです。英語の半分を挫折するとは、リスニングができないということを意味します。そして、聞き取れないということは話すこと(スピーキング)もままならないわけですから、半分ということになります。

また残り半分のリーディング、ライティングにおいても、基本となる英単語において、つづりと発音が一致しないわけですから、ボキャビルの負担も相当なものになることが予測されます。

では、基本の発音訓練を終えていることを前提に話を戻します。基本の発音訓練を終えた段階では、多く見積もっても100時間も英語を声に出していないことでしょう。

日本語は舌をほとんど使わない言語ですから、基本の発音訓練を終えた後でも、自分の思いのままに舌を動かすことはできません。しかし、訓練前と違い舌の動きは意識するようになっているはずです。

そこで、日頃の英語学習(英語学習初心者はボキャビルと英文法)で声を出し、口の活性化を行います。舌の筋肉強化はもちろんのこと、日本人はみっともないということで口を大きく開けることをしません。英語の発音の一部には、口を大きく開けたり、喉を大きく開くというようなものも含まれます。このような動作も同時に鍛え上げることで、英語学習の全体の効率化の向上を狙います。

日本人は、授業や自分の部屋などで自主学習をしますが、声を出さない人が多いです。また、音楽をかけてやる人もいますが、集中できないということでかけない人も多くいることでしょう。

これらは、日本人の性格によるところも大きいのですが、それを理由に音読をしないことは、時間を有効に使っていないことになります。事実、この方法では知識は効率的に蓄積されていくものの、実践的な部分は何も得られません

問題を解くときにしろ、単語を覚えるときにしろ、とにかく声に出して下さい。声を出すことには英語学習に対して以外にもメリットがあります。

特に大きな効果として、
雑念が減る
眠くならない
があります。

声を出し、発音を意識しながら英文の内容を理解するなど、同時に2つ以上のことをすることになりますから、英語以外のことが頭から離れ(雑念が減る)、集中力が一気に高まり、記憶力の向上、理解力の向上が望めます。また、人間は難しいこと、分からないことを勉強していると眠くなります。しかし声を出すことで、その眠気も抑制することができます。

そして、英語学習に対する効果ですが、一番は間違いなく舌の筋トレです。舌の筋肉が付けば、どんどん発音は上手くなっていきます。

さらに、もう1つ重要なこととして、流暢に英語が話せているかの確認を行うためです。英語はもちろん言葉ですから、基本的には話しやすいように進化、淘汰されてきた歴史を持ちます。わざわざ舌が絡まるような言葉は作りません。「きゃりーぱみゅぱみゅ」のような言葉が世の中に溢れていては困ります。

つまり、流暢に話せない場合は
舌の筋肉が足りない
その言葉を言い慣れていない
そもそも発音が間違っている
の3つの原因が考えられるのです。

何回かその単語を口に出して言ってみたにもかかわらず、上手くしゃべれない場合は発音自体が間違っている可能性があり、辞書で確認する基準となります。英語学習を行う際は、声に出して読み、少しでもつまずいたら原因を確認して、次に進むようにすることで、日に日に発音が上達していくことでしょう。

なお、音楽をかけずにヘッドフォン(ヘッドセット)をつけて、音読するとあなたの声がクリアーに直接耳に聞こえるため、発音を正確に把握する手助けになります。是非試してみてください。

Advertisement

2. ちょっとかっこいい自分でありたい

A Little Cool

中学の授業中に英語をかっこよく発音すると馬鹿にされるというような、悪しき伝統が日本にはあります。しかし、グローバル化した現在において、そんなことはどうでもよいことです。

日本人の最も醜い部分は、他人が自分のできないことにチャレンジしている際に、出し抜かれることを恐れて足を引っ張るという行為です。しかし、そんなことは気にしなくていいのです。ある程度成果がでると今度は手のひらを返して、褒め称えるでしょう。

このような低次元の日本人を気にしていては、将来海外へ進出することは到底無理ですし、世界の人たちと戦うこともできないでしょう。とにかく、発音が綺麗で英語を流暢に話せる自分をイメージすることが大切です。大人になれば、英語が話せないことの方が恥ずかしく、肩身が狭くなるだけです。2020年には、小学生からの英語教育の義務化が始まります。ライバルは同級生ではなく、自分よりも若い世代だと思って、回りの目は気にしてはいけません。

そして、常に格好いい英語を話すことを意識することで、発音を中心に、いろいろなことに興味が出てくるはずです。

例えばよく似た発音を持つ英単語の違い、名詞、形容詞、副詞によって単語の語尾が変化した際の発音の変化、動詞か名詞によってアクセントが変化する単語など、これまでは見向きもしなかったことに対して、どんどん興味が沸いてくるはずです。

そして、それらの知識を少しずつ吸収することで、どんどん綺麗な英語を話せるようになるはずです。再度言いますが、大事なことは未来の自分をイメージすること、そして今の自分に足りないものを常に意識することです。

周りの目は気にしなくても大丈夫です。英語学習を続けていれば、知らないうちに英語が上達します。そんな輝く未来の自分を想像して、英語学習を続けてください。

事実、英語の成功者はみなさん音読をしています。もし、音読をしていない人がいれば、もしかするとそれは受験英語しかできない人かもしれません。英語は話せなければ意味がありません。発音を鍛えて、自身を持って話せる人になりましょう。